餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

超絶コスパのせんべろ《餃ビー》モーニング!!「福しん@上野店」の餃子祭が凄すぎる!

スポンサーリンク

毎月29日。

知る人ぞ知る「福しん」チェーンでは 、餃子祭が開催される。

それがいったいどんなお祭りなのかと言うと…。

f:id:ICHIZO:20191001035808j:plain

何皿食べても「6個100円」!という、まさに怒濤の内容になっている。

さらに「福しん@上野店」では、毎日、朝生ビール210円!という企画も実施されている。

すなわち、この2つを組み合わせれば、310円から餃ビーが堪能できる!!と言うことになるわけだ。

だから僕は…。 

上野まで走っていった、ということになる。

僕は、8時の開店を待って、いざ、入店すると、まずはメニューを確認。

f:id:ICHIZO:20190930052909j:plain

餃子は、通常でも1皿200円なので、それほど高くない。

しかし、それが100円となると、やっぱりインパクトは絶大だ。

また、ビールのアテとなるような前菜もいくつか揃っており、しかもひと皿100円なので、安い。

僕は、とりあえず、もやしナムルと冷奴、そして生ビールを注文。続けて、餃子も2皿まとめて注文した。 

f:id:ICHIZO:20190930052946j:plain

すぐに生ビールがやってきた!

アサヒのスーパードライだ。

ちょっとした搾菜がおまけについて、それで210円なのだから、やっぱり破格。

f:id:ICHIZO:20190930053654j:plain

続いて、もやしナムルと冷奴も登場。

僕は、餃子が出てくるまで、できるだけ食べるのを我慢しようと思ったが、やっぱりそれはできなくて、飲み始めてしまうことに。

この時点で、僕のカウンターの前に、店員が、レシートと何かを一緒に置いた。

すぐに確認してみて…ちょっと驚いた。

f:id:ICHIZO:20190930053604j:plain

なんと、冷奴がサービス提供!されている。

いったいなぜサービスされたのかは不明*1だけれど、僕は、実にお得な気分になった。

しかも、クーポン券が2枚つき!

レシートクーポンと、単独クーポン。有効期限が異なるし、併用はできないけれど、でも、2枚も提供されるのは感動的だ。

しかも素晴らしいことに、このクーポンは、当日の注文でも有効になる。

だから、配られたばかりのクーポンを使って、味玉や冷奴などを使って注文している人もいた。いやはや、実にお得だ。

店内は、いつのまにか人が溢れており、誰も彼もが、生ビールを飲みまくり、追加注文の声もあちこちで上がっている。

f:id:ICHIZO:20191001041728j:plain

朝生ビールの飲み放題は、毎日実施されているためか、店員は、こういった状況に慣れているのだろう。実にテキパキと注文の処理をこなしていた。

そんな情景を眺めながら、ビールを飲み進めていると…。

f:id:ICHIZO:20190930053918j:plain

ダブル餃子がやってきた!

いやぁ、これで200円。しかも税込。まさに感動的というしかない。

僕は、餃子に合わせて生ビールを追加注文。

f:id:ICHIZO:20190930053950j:plain

生ビール2杯、餃子2皿、もやしナムルと冷奴で、たった720円!というのは、どう考えても破格だ。

f:id:ICHIZO:20190930054016j:plain

久しぶりに食べた福しんの餃子は、懐かしい味。

シンプルな野菜餃子で、具のインパクトは薄いけれど、そこそこに美味しい。僕は、具よりも皮の味わいが気に入った。

なぜ具にインパクトがないかと思ったら、ニンニクが入っていない(?)からだということに気がついた。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20190930054037j:plain

おろしニンニクを使って、サポート。

f:id:ICHIZO:20190930054152j:plain

酢醤油と組み合わせて、ニンニクだれを作り、それにつけたら抜群に美味しくなった。

餃子餡の味がシンプルであるため、ニンニクの個性が生きるのだ。

ニンニク好きならば、絶対に、この酢醤油ニンニクだれで食べることをオススメする。

ということで、僕はパクパクと餃子を食べまくり…。

f:id:ICHIZO:20191001045707j:plain

3皿目も注文w

焼き色はそれほど美しくないし、並べ方も雑。しかしまぁ、それさえ許せてしまうほど、僕は、餃子祭を堪能していた。

ということで、至福の餃ビータイムを過ごし、いざ、会計に。

この日注文したメニューは、以下の通り。

  • 中生ビール(アサヒスーパードライ)2杯
  • 焼餃子 3皿
  • 冷奴
  • もやしナムル

これだけ食べて、その会計は…

税込820円!

いやはや驚いた。

謎の冷奴サービスがあったとはいえ、たとえそれが有料だとしても、まだ920円。

最近の僕は、お酒に弱くなっているので、生ビール2杯でも十分酔える。最高のせんべろ餃ビーだ。

せんべろ、という観点だけで考えるなら、まだまだお得な店はいくらでもあると思う。

しかし、せんべろ《餃ビー》できる店となると、ここに優る店はないのではなかろうか。

僕は、是非また再訪しようと思っている。

*1:最初は、レシートクーポンの内容が同時反映されたのかと思ったが、この券は、350円以上の注文が対象だし、持ち帰ることが出来たので、どうもそうではないようだ。


マラソン・ジョギングランキングへ