餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《バーチャル》ニューヨークシティマラソン完走賞が届いた!

スポンサーリンク

昨晩、帰宅すると、ポストの中に投函されていた。

f:id:ICHIZO:20210206015221j:plain

海外からの郵便物だ。

差出人名などはよくわからなかったが、その中身はすぐに想像がついた。

ということで、ワクワクしながら開封してみると…。

f:id:ICHIZO:20210206015658j:plain

おぉ!

想像通り、《バーチャル》ニューヨークシティマラソンの完走賞だった。

僕がこのレースを完走したのは、3ヶ月半前。

久しぶりのフル距離、しかもひとりランだったため、とてもキツかった。

信号あり、休憩ありのストリートランで、5時間以上かかってしまったが、何とか走り抜けて、ホッとしたことを思い出す。

米国の参加ランナーには、昨年末あたりから完走賞が届いていたので、今年に入って以来、僕はずっとその到着を待ち侘びていた。

しかし、1月が終わってもまだ届かなかったため、「もしかすると郵便事故にでもあったのだろうか…。」と心配していたところだった。

だから今回、無事に届いて、本当に嬉しい。

f:id:ICHIZO:20210206020958j:plain

バーチャルレースの賞品とはいえ、メダルはなかなか本格的。

f:id:ICHIZO:20210206021224j:plain

オリジナルのランニングバフ。派手な色遣いのデザインで、なかなか目立つ。

f:id:ICHIZO:20210206021521j:plain

さまざまな使い方が可能で、防寒用としてはもちろんのこと、マスクとしても使うことができる。

早速今日は、これをつけて走ってみようかと思う。

《バーチャル》ニューヨークシティマラソンの完走賞を眺めていたら、僕は、10年前の記憶も甦ってきた。

2011年。僕は、《リアル》のニューヨークシティ・マラソンに出場していたのだ。

バーチャルレースも悪くないけれど、やっぱり、リアルレースの興奮と感動には叶わない。

あぁ、また、ニューヨークの地で走りたいなぁ…。

The New York City Marathon: Fifty Years Running

The New York City Marathon: Fifty Years Running

  • 発売日: 2021/10/05
  • メディア: ハードカバー
 

マラソン・ジョギングランキングへ