餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「庚猿@西巣鴨」で、至福の餃ビーナイト!

スポンサーリンク

【前回のあらすじw】

都電荒川線「新庚申塚」駅から、徒歩1分。マンションの1Fに、さりげなくその店は存在していた。

青菜と枝豆でビールを堪能した後、ニラ玉炒めを注文。

僕は、ニラと玉子がたっぷりのニラ玉が大好きなのだけれど、この店のニラ玉は、野菜炒めの延長的なものだったので、ちょっと落胆。

しかし、濃厚な味つけが結構美味しかったので、僕は、そのあと出てくるメインディッシュに期待した。

f:id:ICHIZO:20210204022416j:plain

豊島区西巣鴨「庚猿」韮玉炒物語 - 

そしてそれは、満を持して僕の目の前に現れた。

f:id:ICHIZO:20210204234212j:plain

焼餃子、登場だ!

ぷっくりと身が詰まった、恰幅のいい餃子が6つ。これで350円は安い。

焼き色も美しく、皮のかりかり感が伝わってくる。

食べる前から、「これはきっと美味しいぞ」と思わせてくれる餃子のフォルムだった。

f:id:ICHIZO:20210204234233j:plain

大人の義務教育、633ビールとの競演。町中華の醍醐味だ。

あぁ、僕はこの瞬間のために生きている。

囓ってみよう。

f:id:ICHIZO:20210207054547j:plain

やっぱり美味しい!

丁寧に刻まれた野菜と肉のバランスが絶妙。

下味はそれほどついていないが、噛みしめていくと、肉の旨味が、ほんのりと口内に溢れてくる。

ニンニクはそれほど効いておらず、どちらかと言えば素朴な味わいなのだけれど、それがいい。

派手さはないが、実力は十分。1つめよりも2つめ、2つめよりも3つめの方が美味しく感じる。そんな焼餃子だ。

f:id:ICHIZO:20210207055041j:plain

下味は薄めなので、オーソドックスに酢醤油をつけるとその味が引き立つ。

そしてまた、これがビールの進む味わいになるのだ。

あぁ、こういった餃子に出会えるから、やっぱり町中華巡りはやめられない。

絶品!町中華 首都圏版

絶品!町中華 首都圏版

  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: Kindle版
 

マラソン・ジョギングランキングへ