餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

これぞVR!NYRRの《バーチャルレーシング》アプリが最高すぎる件。

スポンサーリンク

NYRRとは、New York Road Runnersの略。

ニューヨークで開催される大会の主催団体であり、NYRRの存在なくして、ニューヨークシティマラソンは語れない。

バーチャルレースにおいても、このNYRRが取り仕切っており、専用のVR(Virtual Racing)アプリも用意している。

NYRR Racing

NYRR Racing

  • Dilltree Inc
  • Sports
  • Free

今回の、バーチャルニューヨークシティマラソンにおいて、僕は、このアプリに大いに救われた。

僕は、このレースに参加するにあたり、スタート地点をお台場のレインボーブリッジと決め、その遊歩道入口から走り始めた。

それと同時に、僕は、このアプリにおいても、スタートボタンをクリック。

キャプチャを撮り損なってしまったが、スタート3秒前からのカウントダウン表示も出てきて、ちょっと興奮してしまった。

f:id:ICHIZO:20201020023343j:plain

スタート地点のVirtualマップ。

僕は、これからヴェラザノ=ナローズ橋を渡ってブルックリンに向かうところだ。

実際は…。

f:id:ICHIZO:20201020023606j:plain

レインボーブリッジを渡って芝浦へw

スケールが違うような気がしないでもないが、一応、「海を渡る」ということでは共通だ。

このバーチャルマップは、僕が走っていく距離に合わせて変動していく。

僕は、信号でストップさせられるたびに、iPhoneの画面を確認し、そして、興奮していた。

f:id:ICHIZO:20201020024022j:plain

10マイル過ぎ。

バーチャルレースは、イースト・リバー沿いに進んでいく。

f:id:ICHIZO:20201020024919j:plain

リアルの僕は、本八幡を超えて、上北沢方面へ。

もはや、「ニューヨークシティ」っぽさは皆無だw

しかし、それを救ってくれたのが、アプリから流れる「音」だった。

このアプリでは、1マイル毎に、走行距離を知らせるアナウンスが入るのけれど、それだけの機能じゃない。

随所において、リアルのニューヨークシティマラソンを彷彿させるような音を流してくれるのだ。

スタート時は、B.G.Mや大歓声、アナウンスで僕を送り出してくれたし、5Kや5マイルと言った節目の距離では、励ましのアナウンスを届けてくれる。

10マイル地点では、まさに、ニューヨークの中を走っているような喧噪やアナウンスを延々と流し続け、僕を鼓舞してくれた。

これがどれだけ力になったことか。

僕は、こういった音を聞くのが楽しみで、走り続けられたと言ってもいい。

f:id:ICHIZO:20201020030554j:plain

ブロンクスから再びマンハッタンへ。

35km近く走ってきているので、身体は相当疲れているが、バーチャルレース的には、セントラルパークが迫っているので、ここが頑張りどころだ。

f:id:ICHIZO:20201020030900j:plain

現実の僕は、多磨霊園を抜けて、武蔵野を淡々と北上。

ニューヨークシティマラソンに合わせるなら、せめて、フィニッシュ地点を公園にするべきだったような気もするが、それらしきものは見当たらない。

f:id:ICHIZO:20201020031518j:plain

セントラルパーク内へ。

アプリでは、26マイルを超えたあと、「もうすぐゴールだ!ガンバレ」というようなアナウンス(意訳)と、凄まじい大声援が、僕を後押ししてくれる。

現実の僕は…

f:id:ICHIZO:20201020032446j:plain

なぜか立川通りw

セントラルパークとは似ても似つかない雑踏の中を走っていたのだけれど、アプリがもたらしたアナウンスと大声援は、僕を、夢の仮想世界に連れて行ってくれた。

そして…。

f:id:ICHIZO:20201020031836j:plain

ゴールイン!

それとともに、お祝いのアナウンスも流れ、僕のバーチャルレースも終了した。

f:id:ICHIZO:20201020032114j:plain

リアルコースはこんな感じ。

スタート地点が「橋」だったという以外は、全く共通点が見られないレースになってしまったが、これは、僕の計画通りだった。

東京とニューヨークでは、環境が全く異なるのだから、同じようなコースを作れるわけがない。

コースはまったく違っても、僕には、VRアプリがついているから、きっと、それで満たされる筈。

そしてまさしく、その通りに、いや、それ以上に、このアプリは素晴らしかった。

まさに、これぞVR。

バーチャル《リアリティ》を感じさせてくれる、レーシングアプリだ。

こんな楽しみ方ができるなら、バーチャルレースも悪くない。

よし。

NYRR主宰の、他のバーチャルマラソン大会も走ってみよう。


マラソン・ジョギングランキングへ