餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「あきら」にふられて…成田で餃子難民になりかけた夜

スポンサーリンク

成田ウェンブリーの余韻は、最高の餃ビーで味わおう。

あの日。僕は、出かける前からそう決めていた。

成田「HUMAX」ウエンブリーは、日本三大ウェンブリーの一角。

残りの2つとなる、立川「シネマシティ」ウェンブリーと、川崎「チネチッタ」ウェンブリーで、僕はどちらも、ライブ後の餃ビーを堪能したからだ。

立川の「りん屋 はなれ」では、6種18個のこだわり餃子を、プレモルとともに堪能したし…。

川崎の「三鶴」では、圧巻の自家製辣油に痺れながら、至福の餃ビータイムを過ごした。

だから、今回の成田ウェンブリーでも、ライブの後は、餃ビーと決めていた。

折角成田まで遠征するのだから、ご当地の美味しい餃子を食べなければ、勿体ないじゃないか。

今回、僕が訪問しようとした店は、ここ。 

f:id:ICHIZO:20190225043051j:plain

その名は「あきら」 

成田駅から数分歩いた、裏通りにある店だった。

一見、居酒屋風ではあるのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20190225043131j:plain

店頭の垂れ幕では、「炭焼き」とともに、大きく「餃子」もPR。

店の自慢料理であることがわかる。

f:id:ICHIZO:20190225043114j:plain

入口のメニューボードでも餃子をプッシュ。

看板メニューである「デカうま肉餃子」に加えて、「ネギ餃子」や「わさび餃子」などもある。

この辺りは、事前にWebでも確認していたが、いよいよそれが食べられるのだと思うと、嬉しかった。

おまけに、ビールはプレミアムモルツ。立川の「りん屋」と同様、こだわりの店っぽくて、さらに期待が高まった。

僕は、一通り店頭の写真を撮ったあと、入店。

店内は、テーブルも、カウンターも空いている。さぁ、どこに座ろうかと思い、見渡していると…。

厨房から、店員の人が、手で「✕」印のアクションをとっている。

え、なぜなんだ。僕は、驚いて、「空いてないんですか?」と問いかけた。

すると…。

「すみません、今日は予約で一杯です。」

とのこと。

まさか、嘘だろ…。僕は言葉を失った。

席は、どう見ても沢山空いていたから、店員の言葉が信じられなかった。頭が真っ白になった。

本当に予約で一杯なのだろうか?

店の入口で写真を撮りまくる怪しいオッサン*1だから、拒否しているだけなんじゃないか?

そんなことまで思ったほど、ショックだった。

しかし、僕はすぐに我に返った。

そう言えば、立川の「りん屋 はなれ」でも、店内はガラガラだったが、実は予約客でいっぱいだったじゃないか、と。

僕の後に入店してきた人たちは、皆、店員から、済まなそうに断られていたことを思い出す。

あの日と同じ、土曜の夜。しかもここは成田。遠方から来る参拝客なども多い街だ。

そんな街で、どうしても行きたい店があるのならば、予約しておくほうが確実。

今回、僕はそれを怠ってしまったのだから、入店できないというのも自業自得だ。

しかし…困った。

もしもこれが都内であれば、いくらでも代替の店を探すことができる。地下鉄などに乗って移動するのも簡単だ。

しかし、ここは成田。都内の繁華街とは違って、店の選択肢は非常に限られる。

僕は今回、事前の調査で「あきら」1本に絞っていたため、尚更困った。

iPhoneを使い、慌てて他の店を調べてみたが、めぼしい店は、駅から徒歩1km以上も離れており、しかも、空いているという保証はなかった。

しかし、あくまでここは成田。都内からは遠く離れた地。

特急電車を1本乗り過ごすと、30分も帰宅が遅れてしまうため、安穏とした時間などないのだ。

ということで、僕は、餃子難民状態になってしまった。

もう、こうなったら、普通の居酒屋でもいいか…。そう思い始めた。

京成成田の駅前まで、ふらふらと歩いて来ると、「餃子の王将」を発見。

折角成田まで来たのに、「餃子の王将」というのも芸がないよなぁ、と思ったものの、僕はすぐに考え直した。

電車の時刻を考えると、あまり悩んでいる余裕はないし、背に腹は代えられない。餃子難民になるよりはマシだ。

そう思いながら、さらに少しだけ歩いてみると、ちょっと怪しい雰囲気の店が目に留まった。

(以下、続くw)

 

*1:一応、自覚症状だけはあるw


マラソン・ジョギングランキングへ