餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ヒダなし「両面焼き餃子」&「プリプリ水餃子」で至福の餃ビー!/餃子会館丸山@立川

スポンサーリンク

先週末。雨降る土曜日。

立川シネマシティでの「ボヘミアン・ラプソディ」スタンディングライブ上映直前。

僕は、かねてからの念願だった店、「餃子会館丸山」を訪れた。

懐かしい歌の数々に痺れながら、枝豆をアテに、キリンラガービールを飲み、主役の登場を待っていた。

入店後、10分程度経った頃だろうか。

厨房の中からジリジリとした音が聞こえ始め、ほどなく、メインディッシュがやってきた。

f:id:ICHIZO:20190626044201j:plain

焼餃子の登場だ!

僕は、ひと目、そのビジュアルに痺れてしまった。

ヒダがなく、そして、両面がカリカリに焼かれている。何とも独創的なビジュアルだ。

僕は、事前にWebなどで、この店の情報を入手していたので《こういう形の餃子》であることは理解していた。

しかし、写真と現物のインパクトは、やっぱり違う。

あぁ、やっぱり来て良かった、現物に出会えて良かったなぁという思いに満たされた。 

f:id:ICHIZO:20190626044226j:plain

 iPhone SEとのサイズ比較。

それほど大ぶりではないが、かといって、一口餃子というわけでもない。

サイズとしては標準的だが、何といっても、その、のっぺりとしたスタイルが印象的な餃子だ。

囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20190626044256j:plain

おぉぉ。

僕は、思わず、そんな声を出しそうになった。

その両面をカリカリに焼かれた皮は、とてもクリスピーで、パイを食べているような食感。

その具は、生姜が絶妙に効いていて、いい仕事をしている。肉と野菜のバランスもとれていて、皮のインパクトに負けてない。

何もつけなくても、十分に美味しい餃子だ。

f:id:ICHIZO:20190626044324j:plain

 水餃子も登場!

スープのようなものに浸って出てきたが、これは、呑むわけではない。

f:id:ICHIZO:20190626044356j:plain

ひとつずつ、こういった、穴あきの匙で掬って食べる。

味わう直前まで、そのみずみずしさを失わないための配慮だろう。

f:id:ICHIZO:20190626044419j:plain

お店からは、水餃子用として、このタレが提供された。

それは、黄色い色をしており、僕がこれまで見たことのない種類のタレだった。

僕は、その味が想像つかなかったのだけれど、お店のオススメということならば、間違いない筈。

ということで、水餃子と一緒に確かめてみることにする。

f:id:ICHIZO:20190626044458j:plain

うん。

確かにこれは水餃子に合う!

辛子と酢が絶妙にミックスされており、独特の風味を醸し出している。それが、水餃子の皮と具に、最高のアクセントを加えるのだ。

水餃子は、具の美味しさもさることながら(焼き餃子と同じで、生姜が効いている)、なんと言っても、皮が美味しい。

とにかく、ぷりっぷりっとしていて、その食感がいい。

焼き餃子のクリスピーな感じも最高だったが、水餃子のプリプリ感もたまらない。

餃子にとって、皮というのが実に重要だということを実感させてくれる。

だから僕は、餃子味だとか手羽餃子だとかいう、紛い物たちを認めないのだ。

焼き餃子も水餃子も、非常に美味しかったので、僕は、ビールを追加。

最初は瓶ビールを頼んだが、今度は生ビールにした。

f:id:ICHIZO:20190626044538j:plain

生ビールは、グラスごとキンキンに冷えている。最高だ。

80年代にタイムスリップしながら味わう、至福の餃ビー。僕は、いつまでもこのコンビを堪能していたかった。

ただ、この日は、クイーンのライブ上映が控えていたから、残念ながらこれで終了。

とっても素晴らしい店だったので、今度は、是非ともゆっくり時間の余裕をとって訪れたいと思う。

餃子マニア (エイムック 4356)

餃子マニア (エイムック 4356)

 

マラソン・ジョギングランキングへ