餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

禁酒令前に…。成増名物?の大餃子と生ビールで、駆け込み餃ビー

スポンサーリンク

東京に、ふたたび禁酒令が施行されることになった前日。

僕は板橋区成増の町中華で、(とりあえずの)餃ビー締めをした。

僕は、この店で、餃子とビールしか注文していなかったのだけれど、沢山のアテが出たこともあり、それなりにお腹が膨れていた。

僕の胃腸は、加齢にともなって弱くなっているので、(悲しいかな)そんなに量を食べることができないのだ。

だからこの日は、そのまま帰宅の予定だった。

が…。

店を出て、成増駅に向かう途中、目に留まった看板が、そんな予定を覆すことになる。

f:id:ICHIZO:20210727230256j:plain

成増大餃子

の看板だ。

こんなインパクトのある看板を目にしたら、スルーできる筈がない。

f:id:ICHIZO:20210727230047j:plain

 店名(菜彩厨房)よりも、「大餃子」の文字の方が大きいw

「大餃子」は、それぐらい、この店の自慢料理だということだろう。

f:id:ICHIZO:20210728043118j:plain

店頭には、ランチメニューがいろいろ表示されていた。

1番に表示されて「大餃子セット」に、【12分ぐらい】と書かれているのが、ちょっと印象的だった。

「12分ぐらいお待たせしてしまいますが、それだけの価値はあります。」と言っているように、僕には思えた。

この店自慢の大餃子は、じっくり、しっかり作られるのだ。好感。

僕は、この餃子が大いに気になったけれど、前述の通り、それなりにお腹が膨らんでいるので、ちょっと迷った。

ライスは不要なので、大餃子単品で注文することになるが、それでも、6個となると、ちょっときついなぁ…。

f:id:ICHIZO:20210727230345j:plain

そんなことを思いながら、店頭に並んでいたテイクアウトメニューを眺めていたら、大餃子が2個290円で販売されているのを発見。

そのメニューを入れ替えるため、店員さんが出てきたので、聞いてみる。

「大餃子は、店内だと6個からになりますか?」

すると、店員さんは、人なつっこそうな笑顔を浮かべてこう言った。

「いえ、3個からご注文できます。」

おぉ、3個でも良いのか。ならば食べられるかもしれない。

ただ、僕にはもうひとつ重要な質問が残っていたので、続けてそれも聞いてみる。

「ビールも飲めますか?」

すると店員さんは、すぐに明るくこう言った。

「もちろんお飲みになれます。」

ならば、入店を拒む理由がないw

お腹がちょっと膨れていようがなんだろうが、僕にとって、《餃子とビール》は切っても切り離せない関係。

しかもこの日は、その関係を破壊する悪法が施行されてしまう前日。

だから、僕は最後の最後までこだわりたかったのだ。

入店。

f:id:ICHIZO:20210727230521j:plain

テーブルには、ランチメニューが置いてあった。

そのラインナップは、店頭で見かけたものと同じものであったが、ひとつだけ、「あれっ?」と思ったことがある。

f:id:ICHIZO:20210728045639j:plain

大餃子セット(6個)【13分ぐらい】 の表記だ。

なぜか店頭の表示から1分増えてるw

まぁ、12分でも13分でも、「時間がかかります」という意味では同じようなことだろうから、細かいことは気にしないことにした。(ブログネタにはするけど(^^; 

f:id:ICHIZO:20210727230451j:plain

大餃子は、一般メニューにおいても、大きくプッシュされていた。

店員さんの言葉通り、3個から販売されている。

【自家家庭味】の水餃子も気になったが、この日は見送り。

大餃子のお供には、生ビールを選んだ。

僕は、「餃子3個と生ビール」を注文したが、その際、「生ビールは餃子と一緒に出してください」と伝えた。

ビールのアテはついてこないような感じだったし、餃子が出てくるまで13分ぐらいかかるとなると、生ビールを堪能できないと思ったからだ。

ということで、店内やメニューなどを眺めながら、つらつらと待っていると…。

f:id:ICHIZO:20210727230544j:plain

 生ビール&大餃子が登場!

大餃子は、流石、自慢料理というだけあって、なかなかのボリュームだった。

隣に並べたiPhone SEからも、その大きさは伝わってくるだろう。

f:id:ICHIZO:20210727230604j:plain

接写してみると、そのインパクトは十分。

時間をかけてきっちりと焼かれており、僕は大いに期待した。

f:id:ICHIZO:20210727230627j:plain

一口囓ると、口内にじゅわっと肉汁が溢れた。

肉の旨みが感じられる餃子で、食べ応えも十分だ。

丁寧に下味がついていて、そのままでも十分に美味しいと思ったが、つけるなら、酢胡椒。

僕は最強の相棒(生ビール)とともに、至福の餃ビータイムを堪能した。

この店は、いわゆる町中華という店ではなく、いわば大陸系の本格中華店なので、僕の好みとはちょっと異なる。

ただ、大餃子は美味しかったし、自家家庭味だという水餃子も気になった。

忌まわしき禁酒令が解けた暁には、また、是非、訪れてみたい。 


マラソン・ジョギングランキングへ