餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

荒川河川敷ラン、夜明け前なら無問題!

スポンサーリンク

とにかく暑い。半端じゃなく暑い。暑すぎる。

そんな言葉をいくら並べても、何も解決するわけではないのだけれど、言わずにはいられないぐらい、今年の暑さは、異常だ。

ということで、最近の週末ロングランは、もっぱら、日陰の多い公園を中心に行っていたのだけれど、やっぱり、たまには荒川河川敷を走ってみたくなった。

荒川河川敷は、僕にとって、大事なホームコースのひとつだからだ。

ただ、日差しを遮るものが全くない河川敷は、この時期、最も注意が必要。

最近の東京地方は、朝の時点から30℃を超えていたりするので、朝ランではすでに危険な気がした。

ならば、もっと早く走るしかないw

…ということで、例によって僕は夜明け前から走り出した。 

f:id:ICHIZO:20180804081027j:plain

今日は、奇しくも、荒川河川敷で花火大会が開かれる日。

今夜は大いに賑わうのだろうなぁ…と思いながら、僕は、河川敷コースに向かった。

f:id:ICHIZO:20180804081247j:plain

到着。

まだ日はのぼっておらず、空は薄暗かったが、ヘッドライトなしで走れるぐらいの明るさはあった。

今日は、下流方面に向かって走る。

f:id:ICHIZO:20180804081110j:plain

天空には、まだ、月が煌々と輝いていた。

f:id:ICHIZO:20180804081134j:plain

月齢21日目。下弦に近づいていく過程の、美しい月だ。

僕は、そんな美しい月に見とれながら、下流に向かって淡々と走り続けた。

日中、地獄のコースになるのは必至の河川敷も、夜明け前ならば、何の問題もなく、快適に走れた。

f:id:ICHIZO:20180804081159j:plain 江北橋下。僕の、いつもの定点撮影地点だ。

時刻は4時半過ぎ。そろそろ夜明けの時間ということもあって、空はかなり明るくなってきていた。

いつも僕は、ここで、プランA(そのまま走り続けていく)か、プランB(引き返す)かを決断することにしているのだけれど、今日は少し迷った。

もう少し長めに走りたかったので、プランAにしたかったが、あまり先まで行ってしまうと、復路は、日差しに苦しめられるような気もしたからだ。

ということで、今日はここで引き返そうとも思ったが、ふと、あることを思いだして方針変更。

プランAでもBでもない、第三の選択肢をとることにした。

それは…。

(以下、続く。)

 


マラソン・ジョギングランキングへ