餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夜明けの「板橋cityマラソン」直前ラン!

スポンサーリンク

荒川河川敷は、僕の大事なトレーニングコースだ。

街灯も街路樹もない、吹き抜けのコースであるため、走るタイミングによっては、様々な障害も発生する。

「暗い」「寒い」「暑い」「風が強い」などなど…。

しかし、このコースは、そのマイナス点を補ってあまりある魅力を持っている。

信号などに悩まされる心配もなく、広い道をゆったり走れるのは、何より大きなポイントだ。

ということで、僕は今日も、週末ロングランのために出かけた。

荒川河川敷は、ランナーに向いている場所であるため、時折、さまざまなランニング大会が開催される。

奇しくも今日は、板橋cityマラソンの開催日。

僕も、過去何回か出場したことのある、とても大きな大会だ。

レースの開催中は、もちろん、河川敷コースでの練習は不可能。

だから、今日、河川敷での練習は無理…ということにはならない。

板橋cityマラソンのスタート時刻は、午前9時。

僕がもっぱらここを走るのは夜明け前であり、スタート前に走り終えてしまえるからだ。

f:id:ICHIZO:20190317083255j:plain

ということで、僕は、まだ真っ暗な道を走り始めた。

レース同様、下流に向かって淡々と走り続けて…。

f:id:ICHIZO:20190317083350j:plain

江北橋下。いつもの定点撮影地だ。

まだ夜が明けておらず、スカイツリーやビルの灯りも煌々と点っている。

板橋cityマラソンのコースは、この後も延々と下流に向かって10km以上走り続け、江戸川区の荒川大橋で折り返す。

が、今日の僕は、時間も余裕もなかったため、一つ先の千住大橋まで走って戻ることにした。

その間、たった数キロしか走っていないのに…。

f:id:ICHIZO:20190317084110j:plain

二度目の江北橋下では、空がすっかり明るくなり、スカイツリーの灯りも消えていた。

さぁ、あとはゴールに向かって走るだけ。

f:id:ICHIZO:20190317084234j:plain

35km地点、余裕で通過!

まぁ、僕は10kmぐらいしか走っていないので、当たり前だけどw

f:id:ICHIZO:20190317084453j:plain

あと3km!

こういった標識を見ると、なぜか元気が出る。

僕はここまで、ゆったりのんびりと走り続けてきたが、せめて、あと3kmぐらいはしっかり頑張ろうと思い、やおらスピードを上げた。

f:id:ICHIZO:20190317084732j:plain

ありがとう!帰ってきたぞ!

ここから出発したわけじゃないし、折り返し点にも行ってないけど、なんだか嬉しくなる。

そして…。

f:id:ICHIZO:20190317085010j:plain

ゴーーーール!!

単なる便乗ランだというのに、フィニッシュゲートをくぐると、なんだかとても爽快だ。

今日に限らず、ゲートをずっと設置しておいてくれればいいのに…と、勝手なことを思ったw

ロングランも苦にならず、最後は珍しくスピードも出せたし、とてもいい練習になったと思う。

 


マラソン・ジョギングランキングへ