餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Garmin ForeAthlete 745での、最大酸素摂取量(VO2 Max)測定結果に一喜一憂

スポンサーリンク

この秋、僕は、Garmin ForeAthlete 745をゲットした。

これは本当に素晴らしいガジェットで、僕は、毎日肌身離さず使っている。

なんと言っても、Suicaを搭載できるのが便利だし、スマホ連動の通知機能、歩数測定、睡眠データの取得…等々、スマートウォッチとしての機能が満載。

それらによって、日常生活を充実させてくれるからだ。

ただ、ここまでならば、「Apple Watchでいいじゃん」と思う人も多いだろう。

もちろん、スマートウォッチとしての機能的には、Apple Watchの方が優れているのだと思う。

しかし、Garmin ForeAthlete 745の凄さは、スマートウオッチ的な要素にあるわけじゃない。

それはあくまで《おまけ》であり、Garminの本質は、トライアスリートに対応する本格的なGPSウオッチだということ。

僕は、バイクもスイムもやらないが、ランニングに関してだけでも、十分過ぎるほどの機能を有している。

多彩なランニングデータの測定や分析、ワークアウトの提案など、ランナーが必要としている要素を完璧に満たしている。

バッテリ性能においても、Apple Watchを大きく凌駕*1し、100Km超のウルトラマラソンにだって対応。

だから僕は、いかなる時でも、Garmin ForeAthlete 745を手放すことができないのだ。

僕の745は、それまで4年半以上使っていた920からの乗り換えになるのだが、745が何より素晴らしいと思ったのは、920にはない《心拍計を標準搭載》していることだった。

それにより、920よりも断然詳しいランニングデータをとることができるようになった。

920でも、別途ハートレートセンサーとの連携により、心拍連動のデータ測定が可能だし、僕もそれで測定していたこともあった。

しかし僕は、いちいち胸にセンサーを装着させるのが面倒だったし、走りながらそれがずれてしまうのも気になったので、いつしかやめてしまっていたのだ。

ということで…。

745を使い始めて以降、僕は心拍データを意識しながら、トレーニング効果を測定できるようになった。とても嬉しい。

何よりも注目していたのは、最大酸素摂取量(VO2 Max)の測定。

これはランナーにおいての偏差値ともいえるもので、この数値が上がれば、レースでの想定タイムも上げることができる。

僕は、以前920&ハートレートセンサーで測定していた時は、確か、50台後半の数値が出ていたと思う。

その頃僕は、(一応)サブ3.5ランナーだったから、それに伴った数値だったような気がする。

しかし、今年の10月、745で初めて測定したVO2 Max値は、51。

数年前より大きくダウンしてしまった。

加齢に伴う衰えと、怪我(座骨神経痛)の後遺症、そもそもの練習不足など、色々理由はあるのだろうけれど、僕は大きなショックを受けた。

しかも、その数日後には、50にダウン。

毎日ダラダラと無目的に走っているだけなので、当然の結果とも言えるが、僕は、Garminから叱咤激励されているようにも感じた。

f:id:ICHIZO:20201230021835j:plain

その後も僕のVO2 Maxは、50と51の間を行ったり来たり。

日々の統計データが、なぜか10月下旬以降消えてしまっているのだけれど、実際は測定できていて、僕は、低いレベルで上下変動を繰り返す数値に一喜一憂していた。

ここ半月ぐらいは、ずっと51のままで落ち着いていたのだが、昨日、異変が生じた。

ランニング後に表示された、VO2 Maxの結果を見て、僕は思わず歓声を上げる。

f:id:ICHIZO:20201230030129j:plain

なんと、52に上がった!

以前は、57や58を出していたこともあるので、まだまだ不満足な数値なのだけれど、でも、この秋は、50まで落ちていたことを考えると感激だ。

昨日は、いつもより少しだけ(僕なりには)頑張って走ったので、Garminが認めてくれたのかもしれない。

そして…。

僕は思った。

少し頑張っただけでVO2 Max値が上がるなら、《本気で》頑張れば、もっと、この数値を上げることができるかもしれない。

年齢的に衰えてきているとは言え、まだ、巻き返せるかもしれない。そんな夢まで抱いた。

VO2 Max値に基づく、レース予想タイム。

f:id:ICHIZO:20201230024720j:plain

これによると、何とか、サブ4はクリア出来そうだ。*2

あぁ、実際のレースを走りたいなぁ…。

f:id:ICHIZO:20201230022817j:plain

リアルのマラソンレースに復帰できるまで、この折れ線グラフが今後下降しないよう、できれば上昇し続けるよう、頑張っていきたい。

それが、2021年の、僕の大きな目標だ。

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: スポーツ用品
 

*1:最新モデルにおいても、未だに公称18時間という、Apple Watchのバッテリは、あまりにも貧弱で、ズボラな僕には使いこなせない。

*2:ただ、このタイムは、少し「盛って」出る傾向があるので、注意が必要。数年前、僕のベストタイムが3時間20分前後だったとき、Garminでの予想タイムは3時間11分だった。


マラソン・ジョギングランキングへ