餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Garmin ForeAthlete 745」の発作的挙動不審と対処について

スポンサーリンク

Garminなしではいられない。

ランニング時はもちろんのこと、日常生活においても、僕は、Garminに依存しまくっている。

Garmin ForeAthlete 745は、心拍数や睡眠データなどに基づき、ライフログを提供してくれたり、スマホの通知にも対応。

Suicaも搭載しているから、Apple Watchばりに使うことができるのは魅力だ。

もちろん、Apple Watchの多機能には及ぶべくもないが、そのぶん、バッテリのもちは桁違いなので、充電ストレスが少ないというメリットがある。

だから僕は、いつまで経っても、Apple Watchデビューができずにいるほど。

Garminは、僕にとって、それぐらいかけがえのない存在。

だから、昨日の朝はちょっと焦った。

いつものように、夜明け前に目覚めてみると…。

f:id:ICHIZO:20210428043944j:plain

Body Batteryの数値が枯渇していたからだ。

この数値は、Garminが、心拍数や活動ログなどを通じて算出する、健康バロメーターのようなもので、最小値は0、最大値は100になる。

僕の場合、通常この数値は70~100の間で推移しており、どんなにハードなトレーニングをしても(滅多にしないけどw)30ぐらいまでの落ち込みで済んでいた。

しかし、それがたったの「6」しかないという事態は尋常じゃない。

しかも、普通は、睡眠をとれば回復するのが普通なのに、睡眠中も落ち続けていたようだ。

いったいこれはどういうことだと思い、前日(26日)の状況を確認してみると…。

f:id:ICHIZO:20210428003804j:plain

夕方ぐらいから、なぜか猛烈にストレス値が増加し、急降下しているではないか。

その時間、僕は走っても歩いてもおらず、家でのんびりしていた筈。

なのに、なんでこんなことになってしまったのか。

f:id:ICHIZO:20210428003409j:plain

Garminは、「エネルギー切れ」を通告しているし、休息をとれというアドバイスをくれたが、従う気にはなれなかった。

実際、そんなに疲れているとは思えなかったからである。

ということで、「とりあえず、走ってみてから考えよう」と思い、夜明けの街に繰り出した。

走っている間は、やはり、不調を感じず、むしろいつもより身体が軽かった。

その結果…。

f:id:ICHIZO:20210428004339j:plain

僕にしては結構いいペースで、5Kmを走り終えることができた。

そして、驚くべきことに、VO2 Max(最大酸素摂取量)の値もアップ。

f:id:ICHIZO:20210428004601j:plain

久しぶりに53まで戻した。

最近は、のろのろランしかしていなかったので、51まで落ち込む時もあったのに、いったいどういうことなのだろう。

フィットネス年齢が20歳というのは嬉しいが、でも、やっぱり何かおかしい。

そう思いながら、原因を探ってみると、異常が見つかった。

心拍数だ。

5km走っている間、僕の心拍数はこのように推移していた。

f:id:ICHIZO:20210428005223j:plain

走り始めてもいないのに120以上(高すぎる!)あり、スタート早々、127まで上がっている。

しかし、その後は、なぜか120以下に下がって、その辺りをうろうろ。

ラスト1kmは、4分台で(僕なりに)スパートしたのに、それでも心拍が上がらず、120も超えなかった。 

走っている間も、Garminを見ながら、「心拍の値が変だなぁ」と思っていたが、まさかここまでおかしいと思わなかった。

これは、明らかに異常だ。

ここで僕は、やっと気がついた。前日の夕方から、心拍数はずっと120あたりの数値だったのではないかと。

リラックス時も、睡眠時も、ずっと。

ならば、過度のストレスがかかって、Body Batteryの値が激減した理由についても納得がいく。

…となると、VO2 Maxの値があがったのも、《ぬか喜び》と言えそうだ。

僕は、夜明けラン後、Garminを腕から外してみた。

通常ならば、その時点で、心拍の値は「-」になる筈だが、120台を示したまま。

これは明らかにおかしい。

電源を一度オフし、再度オンにしてみても、なんと、まだ120台だった。

いったいこれはどういうことなんだ。

こうなったら、ハードリセットしかないかなぁ…と思い、僕はちょっと憂鬱になった。

ハードリセットしても、いったんGarmin connectで同期させたデータは生きるから、これまでの記録が消えることはない。

しかし、Garmin ForeAthlete 745本体の設定は、全て、再度行う必要がある。

トレーニングメニューや、ウォッチフェイスの設定、Suicaの再設定…。

やるべきことがいろいろあるので、平日には行いたくないなぁ、と思い、気分がブルーになったのだ。

たった30分程度走っただけなのに、本体のバッテリが半分近くまで減っているという異常も発生。

僕は、とりあえず充電しなければ…と思い、本体を充電ケーブルに繋いで、しばらく様子を見た。

すると、ようやく心拍の値が「ー」になり、その後、腕に装着すると、60台を示した。

どうやら、何とか落ち着いてくれたようだ。

その後は、仕事中も、できるだけリラックスした状態で過ごし、早めに就寝したことでBody Batteryはみるみる回復。

f:id:ICHIZO:20210428041815j:plain

100に到達した!万全だ。

そして、今朝起きてみると…。

f:id:ICHIZO:20210428041943j:plain

f:id:ICHIZO:20210428042642j:plain

Body Batteryも心拍数も完璧。

どうやら、発作的に起きた一時的な異常だったということで、とりあえず一安心(^^;

さぁ、ホッとしたところで、 夜明けの街に駆け出そう。

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: スポーツ用品
 

マラソン・ジョギングランキングへ