餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Titan Pocket 着弾!」報告の嵐に、ちょっとだけジェラシー

スポンサーリンク

Twitterの「#titanpocket」ハッシュタグが歓喜で溢れている。

どうやら、昨日あたりから、続々と、クラウドファンディングの出資者宛に、Titan Pocket が着弾しているようだ。

しかし僕は、残念ながら、その歓喜の輪に加わることができない。

BlackBerryを愛し、初代Titanユーザーでもある僕は、このTitan Pocket も当然気になっていた。

クラウドファンディングで出資して、ゲットするつもりだった。

しかし結局…。

出資見送りの決断をしてしまったからだ。

見送りの理由は、クラウドファンディング開始直後のクリック合戦で、エラー続発に嫌気が差したことと、「BlackBerry KEY3(仮)」が出るかもしれない(ならばそっちの方がいい)と思ったこと。

…が。

いつまで経っても、BlackBerry KEY3は、発売される気配が全くない。(どうなってるんだ!)

なんだか、もう、このまま永遠に出ないんじゃないか?という気がしてきた。

そうなると、「やっぱりTitan Pocketを入手しておけばよかったかなぁ。」と思ってしまう。現金なものだ。

現状僕は、iPhone SEと、Mi 11 Lite 5Gの2台持ち体制に満足しているし、BlackBerry KEY 2もサブ機として使い続けている。

だから、特にTitan Pocketをゲットする必要性はないのだけれど、「新しいもの好き」「お祭り好き」としては、今回の着弾祭りに参加したかったw

Titan Pocketを入手したければ、今からでも方法はある。

Unihertzは、これまでに何度も、画期的なスマホの「クラウドファンディング→正式発売」の流れをスムーズに実現させているからだ。

今回のTitan Pocketも例外ではなく、Unihertzのウェブストアでは、既に商品ラインナップに加わっている。

f:id:ICHIZO:20210902202029j:plain

Smartphones | Unihertz

今はCOMING SOON扱いになっているけれど、それほど遠くないタイミングで、購入できるようになる筈だ。

ただ、クラウドファンディングでの入手に比べて、もちろん条件は悪くなる。

価格はUSDで$299.99となっており、現状の為替レートで換算すると、約33,000円。

クラウドファンディングで入手しておけば、一番高いコースでも、約22,000円でゲットできた。

そう考えると、なんだかとても割高な買い物に思えてしまう。

今から入手を考えるくらいなら、クラウドファンディングに参加すべきだったのだ。

Titan Pocketは、果たして、33,000円払っても、入手する価値があるかどうか。

皆さんの利用レポートなどを参考にさせてもらいながら、考えてみよう。


マラソン・ジョギングランキングへ