餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「町中華で」「孤独の」餃ビーができなくなったGW

スポンサーリンク

史上三度目の緊急事態宣言が発令された。

東京・大阪・兵庫・京都が対象で、この25日から実施。

f:id:ICHIZO:20210118222234j:plain

大型連休を挟んで5月11日までの適用になる。

2年連続で、緊急事態宣言下のGWになってしまうが、現状の感染状況を考えると、仕方がないとは思う。

そもそも、二回目の宣言における対応が中途半端だったし、マンボウなるものは、何の効力も発揮していなかったからだ。

ただ、まさかこんな展開になるというのは想定していなかった。

酒提供飲食店に休業要請…。

これが僕にはどうにも不可解だ。酒はそんなに悪者なのか。

確かに、「グループでの飲酒」=「大騒ぎ」という図式があることは事実だから、規制に繋がったのだと思う。

しかし、感染防止対策がしっかりとられた店で、ひとり黙ってビールを飲むことに、いったいどんな問題があるというのか。

大きな問題は、「飲食店へ大人数で集まって、会話をしまくってること」なのであって、例えば、酒がなくても集まって騒いでいる輩は存在する。

そういった輩はOKなのに、たとえ独りで黙々としていても、お酒を飲むのはNGというのが、どうにも間尺に合わない。

このGWは、旅行をすることもできないので、ひとり「町中華で孤独の餃ビー飲ろうぜ」と思っていたのになぁ…。

もちろん、餃子を食べることが禁止されたわけではないから、町中華に行って餃子を注文することは可能だろう。

しかし僕は、餃子とビールは切り離せない存在だと思っているので、それができなくなってしまうことに、大きな落胆を覚える。

僕にとって、GWは、すなわちGyoza Weekなのに…。

今年は、町中華で餃ビーができないのが、何とも切なくて悲しい。

あぁ。


マラソン・ジョギングランキングへ