餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

日本一の餃子店「東亭@東池袋」が、創立50周年で通販開始!?

スポンサーリンク

今年のGWが、とうとう終わってしまう。

今週末まで続くという人もいるのだろうが、僕の場合は、暦通りの出勤なので、今日が最終日だ。

GWは、Golden Weekであるとともに、Gyoza Weekとも言える。

だから僕は、毎年、この時期はあちこちの餃子を食べ歩いていたし、走って宇都宮まで行ったこともある。

しかし、今年はそんな派手なことはできない。

コロナ禍に伴い、「町中華で」「孤独の」餃ビーができなくなってしまったため、僕は、もっぱら、おとなしく家で餃ビーしていた。

僕を救ってくれたのは、日本一美味しいと思っている東亭の餃子だ。 

僕は、もう15年以上この店の餃子を愛し続けている。

もともと来店ハードルの極めて高い店であったが、そのハードルが、近年はさらに上がった。

営業日は、「平日のみ週4日」→「週3日」→「週2日」とだんだん短くなり、昼のランチも休止。

火曜と金曜、しかも夕方2時間だけの、テイクアウト販売のみになってしまった。

しかし、それでも購入できるのだから幸せだ。

僕は、なんとか都合をつけて、定期的に生餃子を大量に買い、それを冷凍して食べ続けている。

昨年の緊急事態宣言時は、一時的に休業してしまったが、今年はなんとか営業してくださっていたので、GW前にしっかりと買いだめをして…。

f:id:ICHIZO:20210428183429j:plain

連日の東亭餃ビー。

今年のGyoza Weekを乗り切ることができた。

それぐらい僕は、東亭の餃子を愛しているのだけれど、このGW中、衝撃を受けたことがあった。

そんな東亭が、Twitterで配信を始めているのを知ったのだ。

しかも、なんと、開設されてから1年が経過していた。

昨年の緊急事態宣言に伴う休業を告知するために開設され、再開後も、営業日情報を中心に配信されていた。

僕はTwitter歴も無駄に長いのに、東亭のTwitter開設を見逃しているとは…。なんたる不覚だ。実に恥ずかしい。

このGW中、1年分のツイートをまとめ読みしていたら、営業日情報に混じって、時折、貴重な画像があって、僕は感動してしまった。

あぁ、素敵な写真だなぁ…。

今更ではあるけれど、このTwitterアカウントを知ったことが、今年のGWにおける、最大の収穫だ。

ツイートにも書かれているとおり、東亭は1973年2月10日の創業なので、今年で48周年。あと2年で50周年になる。

それを記念して(?)通販開始についてのアンケートも実施されていた。

僕は、このアンケートに参加することはできなかったが、もしも参加してしまったら、かなり悩んだと思う。

日本一の餃子を全国の人にも味わってほしいので、通販が開始されたら嬉しい。

ただ…。

現状、かなり限定した期間の店舗販売になっており、それでも完売という状況なので、通販開始に伴う《激務》が気になる。

僕は、あの素晴らしいマスターや女将さんに、いつも笑顔で会いたいから、激務に伴う疲労や病気などが非常に心配だ。

創立50周年企画として、もしも無理なく実施できるということであれば、いいのだけれど…。

何はともあれ、創立50周年まであと2年。

営業日カレンダーが変わらなければ、その日(2023年2月10日)は、金曜日なので、店頭販売がなされる日だ。

僕の人生にとって、なくてはならない店だから、その日は、万難を排し、花束を持ってお祝いに出かけたい。 

f:id:ICHIZO:20210505013754j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ