餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

町中華の神髄!阿佐ヶ谷「三番」の《ニラ玉野菜炒め》に感動した夜

スポンサーリンク

JR中央線阿佐ヶ谷駅。

その北口を出ると、スターロードという小道がある。

f:id:ICHIZO:20200922153940j:plain

阿佐ヶ谷は、実にさまざまな顔を持った町だが、この小道もその顔のひとつ。

f:id:ICHIZO:20200922154000j:plain

居酒屋やバーなど、気楽に飲める店が軒を連ね、夜になると、提灯や看板の灯りが魅惑的な雰囲気を醸し出す。

僕は、そんな店たちの誘惑に耐えながら、小道を進んでいく。

やがて商店街が終わり、急に灯りが途絶えた通りを少し進むと、その店は、突然姿を現した。

f:id:ICHIZO:20200922154030j:plain

僕の目指していた店、中華料理「三番」だ。

f:id:ICHIZO:20200922154046j:plain

縦から見ても、横から見ても、昭和の「ザ・町中華」店。

暖簾の上にある庇テントに書かれている店名は、ほぼ消えてしまっていて、もはや《三番》と読めない。

でも、そこがいい。それがいい。まさにその味わいこそが、町中華の神髄だからだ。

f:id:ICHIZO:20200922154112j:plain

町中華では定番と言えるショウウインドウ。これを見るだけで、僕は心が和む。

いざ、入店。

f:id:ICHIZO:20200922154129j:plain

店内は、小綺麗な感じでまとまっていた。

テーブル席はみな2人がけになっていて、ひとり飲みにはぴったり。

f:id:ICHIZO:20200922154146j:plain

壁のメニューを眺める。餃子は看板メニューのようで、2カ所に書かれている。

もちろん僕はそれを注文するつもりだったが、まずは…。

f:id:ICHIZO:20200922154207j:plain

ビールを注文。

お新香が一緒についてきた。ちょっとしたアテだけれど、やっぱり嬉しい。

ただ、これだけでは、メインディッシュ(餃子)が出てくるまで繋げないため、もう一品注文しておくことにした。

ということで、壁のメニューから、僕が選んだのは、《ニラ玉野菜炒め》。

僕はニラ玉が大好きなので、それがメニューにあれば、大抵選んでいる。

一口にニラ玉といっても、色々なタイプがあるが、僕は、「ニラと玉子だけ」を「炒めた」ものが一番好きだ。

店によっては、ニラより《もやし》が主役だったり、炒め物ではなく、《ニラ玉煮》だったりすることがあり、そのたびにちょっと落胆したことを思い出す。

この店の場合、《ニラ玉野菜炒め》というネーミングなので、もやし入りは確実。

ただ、潔く《ニラ玉野菜炒め》と謳っている以上、看板に偽りなしなので、妥協することに決めた。

しかし、そんな僕の残念な思いは、意外な形で裏切られることになる。

僕がニラ玉野菜炒めを注文すると、店の親父さんは、厨房でそれをてきぱきと作り始めたが、僕はその風景を眺めていて、ちょっと驚いた。

なんと…。

野菜炒めとニラ玉を、別々に作っている!

からだった。

親父さんは、中華鍋で野菜炒めを作りながら、もうひとつの中華鍋でニラと玉子を炒めていたのである。

そして出てきたのが、これ。

f:id:ICHIZO:20200922154222j:plain

野菜炒めの上に、ニラと玉子がオンされて、3層構造になっている。

この構造が、とにかく素晴らしい。

ニラ玉炒めの注文で、もやし入りニラ玉炒めが出てきた場合、僕がどうにも好きになれないのは、もやしの水っぽさで、ニラや玉子の食感が殺されてしまうこと。

しかし、この店の《ニラ玉野菜炒め》は違う。

野菜炒めとニラ玉は完全に独立して存在しているため、ニラのシャキシャキした食感・存在感が完璧に残っているし、玉子の風味も存分に味わえる。

もちろん、野菜炒めとしての美味しさも抜群で、実に食べ応えがある。

いわば「野菜炒め」と「(純粋な)にら玉炒め」の2品をダブルで注文したようなものであり、それでいながら580円というのは、コスパ的にも申し分ない。

塩味の効き具合も絶妙で、僕は、これだけでビール1瓶を飲み干してしまったほど。

いやぁ、これは本当に素晴らしい料理だ。

僕は、町中華の神髄のような店で、その奥深さを実感した気がした。

(以下、続く。) 

散歩の達人 ベストオブ町中華 (旅の手帖MOOK)

散歩の達人 ベストオブ町中華 (旅の手帖MOOK)

  • 発売日: 2020/02/29
  • メディア: ムック
 

マラソン・ジョギングランキングへ