餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「味の横綱@東向島」で焼餃子&ニラカレー炒飯

スポンサーリンク

東京の禁酒令が、一時的に解除されていた期間。

僕は、会社帰りに、この店を再び訪れた。

f:id:ICHIZO:20210702185617j:plain

東武伊勢崎線の曳舟駅から徒歩5分。

東向島にある「味の横綱」だ。

f:id:ICHIZO:20210715031505j:plain

冷やし中華の定番である、キュウリ、ハム、錦糸卵などが見つからず、目玉焼きに伊達巻きが、大きく存在を主張。

チャーシューやなると、わかめ、もやしなどなど、とにかく具がたっぷり盛り込まれており、麺の姿が確認できないほど。

いやぁ、これはかなり独創的な冷やし中華だぞ。

東京都墨田区東向島「味の横綱」の五目冷やし中華 

この店で食べた「五目冷やし中華」が、とても素晴らしかったので、今度は、他の料理も味わってみたいと思ったのである。

正確に言うと、この冷やし中華を食べた日に、続けて注文するつもりだった。

しかし、冷やし中華のボリュームが凄くて、お腹いっぱいになってしまったため、リベンジ訪問ということになる。

《他の料理》などと書いたが、手始めに注文する料理は決まっていた。

もちろん餃子だ。

その前にまず…。

f:id:ICHIZO:20210715040539j:plain

瓶ビールで喉を潤す。

休日のビールもいいが、仕事帰りの一杯は本当にたまらない。

この日は金曜日だったので、1週間の疲れがたまっていたこともあり、尚更格別だった。

サービスの漬物をアテに、週末の幸せを堪能していると、ほどなく…。

f:id:ICHIZO:20210715041157j:plain

焼餃子がやってきた!

いやぁ、なんとも美しい焼き色で、カリカリ感が伝わってくる。

紛れもない手作りのフォルム。これはもう、旨いに違いないぞ。

f:id:ICHIZO:20210715041432j:plain

お約束(?)の鉄板コラボレーション。

これがあるから、僕は、1週間の疲れを癒やすことができる。

しかし…。

それもまたしばらくは、お預けになってしまう。どうにもこうにもやりきれない。

ひとり黙々と、餃子とビールを堪能して、そして店を出るだけ。

そこにいったい何の問題があるというのか。毎日の通勤電車の方が、よっぽど危険だ。

発令根拠不明の禁酒令が恨めしい。

ただ、この店を再訪した日は、まだ7月初旬だったから、僕は、そんな思いを抱かず、純粋に餃ビーを堪能することができた。

f:id:ICHIZO:20210715042248j:plain

囓ってみると、口内にじゅわっと肉汁があふれ出した。

小さな筐体であるが、具はみっちりと詰まっていて、しっかり味もついている。

皮のカリカリもちもちバランスも文句なしで、まさに、味の横綱。

例えて言えば、餃子界の千代の富士といったところだ。

こういう餃子には、酢胡椒が合う。

僕は、その美味しさに酔いしれながら、もう1品、何を注文しようかと考えた。

f:id:ICHIZO:20210715044330j:plain

メニューを眺めてみる。

水餃子や揚餃子で「追い餃子」するのも魅力的なプランだったが、この日は、チャーハンを食べることにした。

先日、大森で絶品玉子チャーハンを食べて以来、僕は、チャーハンに惹かれているのだ。

この店には、チャーハンが11種類も用意されていたので、少しだけ迷ったが、他店では見かけたことのない「ニラカレーチャーハン」が目に留まったので、それに決定。

この店は、カウンター席しかないので、僕は、それが厨房で作られていく様子を眺めながら、眼前に出てくる瞬間を待っていた。

そして…。

f:id:ICHIZO:20210715045008j:plain

ニラカレーチャーハン登場!

僕は、ニラが大好きなので、溢れんばかりのニラ量に感激。

カレー味はそれほど強くなかったが、ニラや玉子とうまく絡み合っている。

ご飯のパラパラ感も心地よく、いくらでも食べられそうなチャーハンだ。

こうなると、他のチャーハンも食べてみたくなった。

先日食べた五目冷やし中華は、かなり異色なものだったから、五目チャーハンも気になる。

他にもいろいろと食べたい料理があるので、禁酒令が明けたら、是非、また訪れようと思う。

f:id:ICHIZO:20210715034808j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ