餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

圧巻の変化球!「菊亭@篠崎」のパクチー《両面焼き》餃子

スポンサーリンク

【前回のあらすじw】

f:id:ICHIZO:20210303012545j:plain

都営新宿線の篠崎駅から、歩いて20分。住宅街の中に、突然出現する「菊亭」で、僕は、「皮から手造り」餃子とビールを注文。

満を持して出てきた焼餃子は、野菜のザクザク感をしっかり残した具と、強烈なニンニクパンチ、カリカリでもちもちの皮が相まって、文句なしの旨さ。

僕は、素晴らしい餃子に出会えた感動で心が震え、おかわりをしようかとも思ったのだけれど、少し考えて、違う選択肢をとることにした。

絶品餃子ここにあり!駅から20分歩く価値のある「菊亭@篠崎」に感動した夜 -

「菊亭」は、1974年に開業した町中華。昭和の老舗だ。

ニンニクがガツンと効いた、食べ応えのある焼餃子は、そんな老舗にふさわしい王道の旨さだった。

しかし、この店は、単なる《昭和の町中華》ではない。

定番のメニューをメインに据えながら、チャレンジングな料理にも挑んでいる店だった。

それは、店へ入る前に見た、この看板からも明白。

f:id:ICHIZO:20210306234015j:plain

「ビールのアミーゴ チリコンカン」

アミーゴは、スペイン語で「友達」の意味。

創業45年を超える老舗が、スペイン語でプッシュするチリコンカン。これは侮れない。

その隣には、《シンガポールカレービーフン》などという表記もあり、多国籍料理店のようなムードを醸し出している。

入店後も、僕はこの店のチャレンジングなメニューに、ちょっと驚く。

f:id:ICHIZO:20210303013710j:plain

このメニューだけ見ると、オーソドックスな中華料理店に思えるし…。

f:id:ICHIZO:20210306235105j:plain

壁にも、オーソドックスな中華料理名が並んでいる。

…が、その一方でこんな表示も出ていた。

f:id:ICHIZO:20210303013504j:plain雷・納豆厚揚げ?ワンタンラザニア?

「ダサ巻玉子」(だし巻きじゃなくてダサ巻き?)や、「エビのみ焼」(のみって何?)と言ったメニューが、さりげなく案内されていて、実に気になる。

そして、なんと言っても僕が目を惹かれたのは、この掲示だ。

f:id:ICHIZO:20210307003353j:plain

ゆでポン餃子とパクチー餃子。

揚げ餃子の食感になると言う《餃子の両面焼き》にも、オプションで対応。

これは試してみたくなる。

ということで、僕は、この両方を注文し、折角なので、パクチー餃子は両面焼きで出してもらうことにした。

f:id:ICHIZO:20210307003907j:plain

まずは、ゆでポン餃子が登場。

f:id:ICHIZO:20210307004225j:plain

具は、普通の焼餃子と同じだったが、茹でると、皮のもちもち感が際立って、別の美味しさを醸し出す。

優しいポン酢の味わいが、パンチ力のある具を、絶妙に落ち着かせている。

いくらでも食べ続けることができそうな餃子だ。

そして。

f:id:ICHIZO:20210307004306j:plain

パクチー餃子がやってきた!

いやはや何とも、衝撃的なビジュアル。

パクチー餃子という変化球に、《両面焼き》オプションまで加えたため、相当なクセ球になった。幻の大リーグボール4号は、こんなところにあったのかもしれない。

f:id:ICHIZO:20210307004327j:plain

こんなん、ビールと合うに決まってるじゃないか!

囓ってみると、その衝撃は倍加する。

f:id:ICHIZO:20210307004429j:plain

緑一色w

これは見事な役満餃子だ。

その具は、オーソドックスな焼餃子とは完全に別物で、パクチーの味しかしない。

パクチーは皮にも練り込まれているため、皮までが緑に染まっている。

僕は両面焼きにしてしまったため、焦げてしまった感じになっているが、普通に焼いてもらっていたら、もっと緑が際だっていた筈。

僕がこれまでに食べてきたパクチー餃子の中で、もっともパクチー率が高い気がする。

ただ、両面焼きにしたせいか、皮の味わいが強くなり、パクチーの持つ癖が、逆に抑えられたようにも感じる。

今度は、オーソドックスに焼いたものも味わってみなければなぁ…と思った。

これは、後で知ったことなのだけれど、このパクチー餃子は創業40周年を記念したメニューだったようだ。

店のWebサイトには、このように案内されている。

f:id:ICHIZO:20210306231804j:plain

パクチーが たっぷり7割も入ったうえに、皮にもパクチーを練り込んだ「パクチー餃子」                              パクチーハイ、パクチー麺、パクチー水餃子、追パクもできますので皆様の御来店をお待ちしております。

パクチー好き必見!! 売切れてたらごめんなさい!! 菊亭40周年記念餃子 - kikutei ページ!

なんと、パクチー麺やパクチー水餃子、追パクまで対応しているという。これは凄いこだわりだ。

この店は、創業40年目にして、いったいなぜパクチーに目覚めたのだろう。責任者に質問してみたいw

餃子の種類としては、さっぱり味の特製スープに浮かんだ「水餃子」や、コクの濃い坦々スープ仕立てになった「坦坦スープ水餃子」というメニューもあった。

だからおそらく、「坦坦スープパクチー水餃子」などというアレンジなども可能な筈。

いやぁ、これは、是非また行かなければなぁ…と思った。

家から遠いのは難点なのだけれど、ならば、それを逆用し、ロングランコースに組み込むと言う手があるw

今度は店まで走って出かけて、お腹を十分に空かせた上で訪れたい。


マラソン・ジョギングランキングへ