餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「餃子アスリートたちよ、マニアックにランを語ろう!」忘年会 in ギョウザマニア

スポンサーリンク

いやはや楽しい宴だった。

令和元年、僕にとって最後の忘年会。

それを、最高のメンバーと最高の餃子で締めくくることができ、僕は大いに感激している。

f:id:ICHIZO:20191231111623j:plain

会場は、「ギョウザマニア 品川はなれ」。

ミシュランガイド2019に掲載された、「GYOZA MANIA」(西荻窪/休業中)の直系店舗。

この店は、マニアを名乗っているのだけあり、「餃子の五たて」というこだわりをもっている。

肉は挽きたて

皮は打ちたて

餡は包みたて

水は茹でたて

焼は焼きたて

 というこだわりだ。

f:id:ICHIZO:20191231131923j:plain

店内オープンスペースでは、餃子職人たちが常に餃子を包み続けている。

そんな餃子の名店に、餃子好きのアスリートたち17名が集って、飲む。

いやぁ、もう、楽しいに決まってるじゃないか。

僕は、この日の幹事だった上に、みんなとの話に酔いしれてしまい、ブログ用の写真撮影が殆どできなかった。

餃子系ブロガー(?)の端くれとしては情けない限りなのだけれど、でも、大丈夫。

そんな時の為に、事前訪問した際、予め、餃子の写真を撮っていたからである。

TVの料理番組などで、「こちらに焼き上がったものがあります」とか言って、あらかじめ作っておいた料理を出すのと同じ手法だ。(←違うと思うw)

ということで、今回は、その時の写真も織り交ぜながら、エントリーを書かせていただくことにする。

f:id:ICHIZO:20191231114439j:plain

メンバーが揃って、まずは、乾杯!

いやぁ、乾杯というのはどうしてこんなに楽しいんだろう。この後、遅れて来たメンバーが揃うたびに、僕らは乾杯を繰り返していた。

セレモニーを終え、僕らは、ご歓談タイムに。

いくつかの前菜メニューが出てきた後…。

f:id:ICHIZO:20191231114633j:plain

パクチー水餃子登場!

この店には、いくつかの餃子の種類があるのだけれど、いきなり、変化球の餃子から出てきたので、僕はちょっと驚いた。

これは、宴会のコースメニューには含まれておらず、僕が、別途オプションとして追加したものだった。

個人的には、水餃子の中では一番のオススメで、パクチー好きにはたまらない逸品だ。

ふんだんに盛り付けられたパクチー、胡麻ダレ、とろりと柔らかい手包みの皮と、ジューシーな具。

それらの織りなすハーモニーが実に素晴らしい。

f:id:ICHIZO:20191231125729j:plain

焼餃子も来た!

羽根がとっても美しい。iPhone SEとの比較でおわかりの通り、この店の餃子は、それほど大きなサイズではない。

なので、僕は、コースメニューの焼餃子(1人あたり2個)を増量し、4個にして提供してもらった。

何しろ、この日は、餃子アスリート大集合の忘年会。

となれば、やっぱり、餃子を心ゆくまで堪能して欲しかったからである。

f:id:ICHIZO:20191231130334j:plain

焼餃子は、下味がしっかりついており、何もつけなくても十分に美味しい。

パリパリ、もちもちな皮と、具のバランスも絶妙で、いやはやビールが進む餃子だ。 

f:id:ICHIZO:20191231130523j:plain

しその水餃子。

しそは、餃子の上に乗っているだけではなく、具にもたっぷり練り込まれており、その旨味が十分に感じられる。

そして、皮がやっぱりとにかく美味しい。流石は包みたて、と言った餃子になっている。

f:id:ICHIZO:20191231130848j:plain

餃子のトリを飾ったのは、海老餃子。

皮の外側から、海老の赤味が確認いただけると思う。海老は、ぷりっぷりという感じではなく、上品な味わいで、皮の旨味と調和している。

皿に添えられた生姜がアクセントとなっており、これまた逸品だった。

この他、餃子以外のコースメニューも沢山あったけれど、それは写真を撮っていないので、お約束の割愛w

鍋を含めて十分に堪能した2時間が終わり…。

f:id:ICHIZO:20191231131233j:plain

締めは、みんなで記念写真。

モザイクだらけなので、何だかよくわからないかもしれないが、楽しそうな雰囲気は伝えられているんじゃないかと思う。

餃子アスリートたちとの餃子会、やっぱり最高だ。


マラソン・ジョギングランキングへ