餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「ロンドンマラソン 2022」抽選エントリー完了後に思ったこと

スポンサーリンク

今年のロンドンマラソンは、10月3日に開催された。

男子はエチオピアのレマ、女子はケニアのジェプコスゲイが制したが、それよりも、僕は、このニュースに惹かれた。

2年ぶりに、一般ランナーを含めての大規模通常開催となったことだ。

昨年のロンドンマラソンは、エリート選手のみが、2.15kmの特設コースをぐるぐる回る無観客開催という、味気ない大会になってしまった。

しかし今年は、伝統のコースに4万人が参加。「いつもの」ロンドンマラソンに戻った。

ニュース動画を見ていたら、選手はもちろんのこと、観客も殆どマスクをしていなかった。

イギリスでは、今も、1日平均33,000人程度のコロナ新規感染者が発生している。

それなのに、規制らしきものは殆ど行われていない。

今の日本と比較すると、信じられないような光景だ。

僕は、先日のベルリンマラソン開催時にも、同じような思いを抱いた。

こういったニュースを見ていると、世界的には、コロナとの付き合い方が変わってきたのだと思わずにいられない。

しかし日本は…。

緊急事態宣言こそ、ようやく、なんとか解除されたものの、未だに日常は制限を受けている。

東京では、「リバウンド防止措置」という名目で、さまざまな規制がかかっている。

日本全国で、1日平均1,200人程度の感染者(イギリスの約3.6%!)しか発生していないにもかかわらず、だ。

この差はいったいなんなんだ…。

ベルリンマラソンもロンドンマラソンも通常開催に戻ったのに、今月17日に開催予定だった東京マラソンは、来年3月に延期。

僕は、なんだか非常に釈然としない気持ちを抱いている。

ロンドンマラソンの終了直後、こんなメールが届いた。

f:id:ICHIZO:20211006210327j:plain

発信者は、他ならぬロンドンマラソン事務局で、その内容は…。

f:id:ICHIZO:20211006210350j:plain

2022年大会の、エントリーが開始となったというメールだ。

ロンドンマラソンは、もともと、毎年4月に開催されていたが、新型コロナウィルスの影響により、ここ2年は、10月に延期された。

来年も10月2日の開催となるようなので、今後は、ずっと秋開催になるのかもしれない。

ロンドンマラソン出場の外国人枠は、たった500人程度しかない(!)という噂なので、それが真実だとすると、抽選倍率は数百倍にも上る。

僕のラン仲間でも、「ロンドンマラソンに当選した」という情報は聞いたことがないので、恐ろしいほど狭き門だ。

しかし、当選の可能性がゼロというわけではないし、エントリーするだけなら無料なので、とりあえず、必要事項を入力して…。

f:id:ICHIZO:20211006205923j:plain

抽選エントリー完了!

あとは、運を天に任せるだけだ。

抽選結果の発表は、来年2月予定とのこと。

前述の通り、ロンドンマラソンの外国人エントリー枠は、恐ろしく狭き門なので、当たる気は全くしないのだけれど、宝くじを買った気分で待っていよう。

しかし…。

たとえ万が一当選したにしても、もうひとつ、極めて高い壁がある。

現状、日本から海外への旅に際しては、大きな規制がかかっていることだ。

例えば、イギリス旅行に関しては、到着後10日間の自主隔離、帰国後14日間の自主隔離が必要となる。

普通に仕事をしていたら、そんなに長期間の休暇はとれない。

来年のロンドンマラソンが開催される頃には、海外へ、自由に往来できるようになっているのだろうか…。

f:id:ICHIZO:20211006204524j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ