餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ずぶ濡れ「12月の雨」ラン!

スポンサーリンク

窓を叩く雨音で目が覚めた。

いやはや、夜明け前から酷い雨。

f:id:ICHIZO:20211201050143j:plain

東京アメッシュ

雨音はショパンの調べだと言ったのは、いったい誰だ。ユーミンだ。

僕は、歌心がないので、これのどこがショパンなのかよくわからなかった。*1

しかし、脳裏には、そんなユーミンワールドをドラマチックに描いた小林麻美の歌声が甦ってきた。

いやはや実に魅惑的で、淫靡。

オジサンたちは、こういう女性に弱い。オリコン1位獲得も納得だ。

そう言えば、今日から12月。

12月の雨について歌ったのも、僕らのユーミン。

僕は、脳裏の歌声をユーミンに切り替えながら、「まだベッドの中で半分眠りたい」気分だった。

しかし、僕のフリータイムは夜明け前だけなので、走らないわけにはいかない。

…ということで、ここまで書いた後、例によってゴミ袋をかぶり、身体にはled ベルトをつけて、走ってきた。

夜明け前の土砂降り状況なので、すれ違う人は皆無。

当然マスクなどは不要で、呼吸も楽。

いいことずくめの筈だった。

が。世の中そんなに甘くない。

それほど寒くはなかったけれど、思った以上に激しい雨で、しかも、風が強くて耐えられなかった。

僕は5kmで心が折れ、這々の体で帰宅。

夏場のシャワーランはいいが、この時期の氷雨ランは、練習不足で老いた身体にはきつい。

出勤までには、まだちょっとだけ時間があるので、身体を休めよう(^^;

f:id:ICHIZO:20211201045951j:plain

*1:ちょっとWebで調べてみると…イタリアでヒットした原曲「アイ・ライク・ショパン」の歌詞に、ショパンの「雨だれ」をひっかけてひねった、ユーミンの言葉遊びと言うことらしい。


マラソン・ジョギングランキングへ