餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

いいことづくめのシャワーラン

スポンサーリンク

今朝。

いつものようにアレクサへ「おはよう」と呼びかけると、今日から入梅だと教えてくれた。

f:id:ICHIZO:20200611034129j:plain

入梅とは、梅雨入りの時期に設定された雑節のこと。

暦に従うかの如く、中国・近畿・東海地方は昨日梅雨入り。

関東地方も、今日から雨予報が続いているので、間もなく梅雨入りしそうだ。

「雨の日は走らない」というランナーも多いのだけれど、僕は、全く気にせず走る。

レースならば雨だって走るのだから、練習でも雨の日を走っておいた方がいい。

朝晩さえも蒸し暑くなるこれからの時期は、むしろ雨の方がいいと思っているほど。

雨は、体感温度を下げてくれるし、身体の汗も洗い流してくれるからだ。

誰が名付けたかは知らないが、暑い時期の雨中ランニングは、「シャワーラン」と呼ばれており、僕はこのネーミングがとても気に入っている。

ただ…。

去年までのシャワーランでは、少しだけ気になることもあった。

当時、僕の相棒だった初代のiPhone SEは、2016年発売のモデル。

iPhoneが、まだ《非防水》だった時代に発売されたものだったからである。

iPhoneが防水対応になったのは、2017年のiPhone 7以降。

僕は、その時、大いに心が揺れたことを思い出す。

しかし僕は、初代iPhone SEのサイズ感にこだわり、乗り換えを見送った。

その後も、僕はかたくなに、初代iPhone SEを使い続けてきたので、雨の日になると、ちょっとだけ憂鬱だった。

けれど、もうそんな心配はいらない。

僕の新しい相棒となった、第2世代のiPhone SEは、もちろん防水機能を備えているからである。

しかも。

今年はさらに雨の歓迎要素がある。

夜明けが早くなるこの時期だと、僕が走っている午前4時台や5時台でも、そこそこの人とすれ違う。

ソーシャルディスタンスは十分保って走っているけれど、それでも、マスクやバフなしで走っていたりすると、露骨に避けられたりする。

だから(仕方なく)装備をして走らざるを得ないのだけれど、雨の日は、そんな心配がいらない。

人通りがめっきり少なくなるからだ。

雨の日は、もともと呼吸が楽になるというメリットがある上に、マスクやバフなどをつけず《素》で気楽に走れるのだから、実に快適。

 いいことづくめのシャワーラン。さぁ、今日もそろそろスタートしよう。

f:id:ICHIZO:20200611044216j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ