餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

シャワーランの季節がやってきた!

スポンサーリンク

昨日の東京地方は、久しぶりの雨になった。

f:id:ICHIZO:20210429230116j:plain

東京アメッシュ

僕は、基本的にどんな天気の日でも走るが、真冬の冷たい雨の中を走るのは、少しだけためらう。

氷雨のサロマでリタイアした苦い記憶が甦り、抵抗感を覚えるのだ。

しかし昨日は、昂揚した気分で夜明けの街に繰り出した。

雨は降っていたものの、屋外の気温は、この数日よりかなり高くて、16℃。まともに走れば、汗をかく温度と言える。

ならば、何の問題もない。

f:id:ICHIZO:20180129173950j:plain

降りしきる雨は、シャワー代わりになって、汗を洗い流してくれる筈。

シャワーランの季節、到来だ。

僕が走っていた時間は、それほど大降りにはならず、シャワーランならぬ、ミストランといった感じではあった。

でも、冷たい雨粒は、身体に心地よくて快適。蒸し暑い日よりは何倍もいいと思う。

コロナ禍でのランニングにおいて、雨の日のメリットは、シャワー効果だけにとどまらない。

悲しいかな今は、公道を走る際にもマスク類の装着が必須になってしまった。

ランニング用のバフであれば、普通のマスクよりは断然楽だが、それでも、やっぱり息苦しい。

しかし、雨の日は、呼吸が少しだけ楽になる。

また、雨が降ると、人出が少なくなるのもメリット。

僕は、もっぱら夜明けの時刻に走っているから、人通りは、もともとそれほど多くないが、それでも、散歩人や、他のランナー達がいる。

しかし、いざ雨が降ると、すれ違う人が皆無に近い状況となるので、一時的にバフを外して走ることも可能だ。

雨の中では、集中力も増すため、淡々とストイックに走れるのも気に入っている。

まさに、シャワーランは、いいことずくめなのである。

唯一の難点は、《靴がぐちょぐちょになること》だが、これは、《雨の日専用シューズ》を用意することで解決。

履き古して、お役御免になりかけていたシューズが、第二の人生(靴生?)を務めてくれるから大丈夫。

ということで、昨日も僕は、最高のシャワーランを敢行。身体を、そして心を、洗い流すことができた。

コロナ禍も、シャワーが洗い流してくれればいいのになぁ…。

4月の雨

4月の雨

  • 発売日: 2020/02/26
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

マラソン・ジョギングランキングへ