餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夜明けランナー、嘆きのシーズン。

スポンサーリンク

僕は、たいてい夜明けの時間に走っている。

平日は、夜の帰宅時間が全く読めないため、走るなら朝しかないし、休日は、昼間に予定の入っていることが多いため、その前に走っておきたいからである。

夜明けランナーにとって最高のシーズンは、なんと言っても夏だ。

夏は、日照時間が長い。そして、日が昇れば昇るほど暑くなる。

ランナーにとって、灼熱の太陽は、大きな敵。僕は、それほど夏の暑さが嫌いではないけれど、それでも積極的に走ろうとは思わないほど、強敵だ。

しかし、唯一《日の出の時間》の太陽だけは、例外。

夜から朝にかけての時間帯は、1日のうちで、もっとも気温が下がるため、非常に走りやすいのである。

この時期は、起きてすぐ、Tシャツ短パンの軽装で走り出すことができるのも、大きなポイント。

雨が降っても問題ない。夏場に、雨の中を走ると、爽快な《シャワーラン》が味わえる。僕は、蒸し暑いより、断然雨の方がいいと思っているほど。

だから、夏の夜明けランはとても楽しい。

快晴で猛暑日が予想されている日であっても、夜明けの時間ならば十分走れる。

太陽が上り始める頃にランを終えれば、「勝った!」という気分にもなれて最高だ。

その反面…。

冬は全てが裏返しになる。

この時期、ランナーにとって、太陽は大きな味方。たとえ冷え込んだ日であっても、陽だまりの中を走れば、気分だけは暖かくなる。

しかし、夜明けランナーは、その恩恵を味わえないからだ。

雨が降ったら最悪。この時期の雨は、夏の雨と違って、爽快なシャワーランとは言えない。脳裏に日野美歌がフラッシュバックする雨。そう、氷雨だ。

冷たい雨の中を走っていると、心が折れそうになるため、日差しはとても重要と言える。

また、Tシャツ短パンで、気軽に走り出すわけにはいかないのも厄介なところ。走り出すまでの装備が面倒。

いざ、走り出した後も、僕の身体は、常に、寒さと戦い続けなければいけない。

僕は、特に寒さに弱く、特に指先が冷える。

手がかじかんで、持参した飴の袋を切ることさえできなかったりして、泣けてくる。

《日の出の時間》は、放射冷却の影響もあって、とにかく気温が下がる。日中はランナーの味方になる太陽が、夜明けの時間だけは敵なのだ。

先週末のロングランでも、僕は、この責め苦を味わった。

f:id:ICHIZO:20191211045028j:plain

 気象庁|過去の気象データ検索

この日は、十分に日差しが降り注いだ1日で、日中は13℃まで気温が上がったけれど、僕が走っていた時間(赤枠帯)は、2℃台だったからだ。

いやぁ、ほんと、寒かった、きつかった。つらかった。

この日、僕は、たった15km走っただけなのだけれど、それでも心が折れそうになったほど。

北国の人たちからは、「2℃で寒いなんて、甘過ぎ!」と言われるだろう。

でも、東京ではかなり低い気温と言えるし、僕は寒さに弱い体質なので、厳寒と言える。

ちゃんと走りきった自分を褒めたい。有森裕子さんにも褒めて欲しい。(そんな凄くないだろw)

氷雨/待ちわびて

氷雨/待ちわびて

  • アーティスト:日野美歌
  • 出版社/メーカー: テイチクエンタテインメント
  • 発売日: 2006/04/26
  • メディア: CD
 

マラソン・ジョギングランキングへ