餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

緊急事態宣言延長~終了。シンスプリント?蜂窩織炎?いろいろあった2020年5月ランの記録

スポンサーリンク

ここは、一応ランナーのブログなので(ホントか?)5月ランの総括ぐらいはしておこう。

今年、2020年の5月は、緊急事態宣言が延長され、そして(一応)終了した月として、人々の心に記憶される筈。

そんな月に、いったい僕は、どんな状態だったかというと…。

中旬を過ぎた頃、突如左足に違和感発生。痛みの場所的に、シンスプリントにかかってしまったかと思い、かなり落ち込んだ。

シンスプリントは、ランナーにとってかなり厄介な障害で、無理をすると長引いてしまう。

だから僕は、しばらくは安静にしているしかないと思ったのだけれど、近所の整形外科医で診察をしてもらったところ、このような診断を受けた。

蜂窩織炎…だと云うのだ。

僕にとっては耳慣れない病気であったが、調べてみると、《皮膚とそのすぐ下の組織に生じる、広がりやすい細菌感染症》らしい。

僕はちょっと驚いたが、先生曰く、「筋肉や骨に問題はなく、腫れが収まれば走っても問題ない」とのことなので、シンスプリントよりも救いがある。僕は、ちょっとホッとした。

病院でもらった抗生剤が効いたのか、腫れも痛みも、ほどなく収まったので、僕はゆるゆると走り始めることができた。

ということで、結局5月はどれくらい走ったのだろうかと確認してみると…。

f:id:ICHIZO:20200603025044j:plain

累計251.5kmだった。

前半は、色々とバタバタして、思ったように走れない日が多く、逆襲を誓った後半は、蜂窩織炎(?)の影響が大きく響いた。

4月は、一日も休まずに300km超を走っていたから、それに比べると大幅ダウンだ。

5月は、休日が多い月だから、最低でも4月以上の距離を踏もうと思っていたのになぁ…。

ただ、まぁ、いろいろあった割には悪くない、とも言える。

まだまだしばらく、このウイルス問題は収まりそうにない。

緊急事態宣言こそ解除されたものの、再び、東京の感染者は増加傾向。昨晩は、東京アラートも発令されており、予断を許さない状況になっている。

日本全国で見ても、マラソン大会…どころじゃない雰囲気。

街なかを走れば疎ましがられ、目標レースも定まらないということで、ランナーにとっては厳しい状況が続いている。

これからは、暑い時期になるので、尚更きつくなりそうだ。

しかし、 落ち込んでばかりいても始まらない。

いつの日か必ずやってくる(筈の)復活の日に向けて、ひとり、淡々と走り続けていきたい。


マラソン・ジョギングランキングへ