餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夜明けの皇居ランかーらーの?!豊洲市場!

スポンサーリンク

昨日は、久しぶりに皇居外周を走った。

f:id:ICHIZO:20210626170842j:plain

と言っても、今回は「通過した」という表現の方が正しいかもしれない。

僕が皇居にたどり着いたのは、午前4時頃。

f:id:ICHIZO:20210626171842j:plain

日中はランナーでごった返す二重橋前の通りも、ガラガラで走り放題だ。

いつもの僕なら、夜明けの皇居ランでは、周回ごとに明るくなっていく空を堪能するのが常だった。

しかし、昨日の僕には、皇居を堪能している時間がなかった。

僕は、豊洲市場内のとある店を目指しており、その道程の途中に、皇居があっただけだからだ。

ということで、気分だけ皇居ランを味わったあと、すぐに目的地へと向かった。

f:id:ICHIZO:20210626172304j:plain

銀座通りも閑散としており、まだ1日が始まっていないことを象徴するかのようだ。

f:id:ICHIZO:20210627011936j:plain

勝鬨(かちどき)橋に到達。

ここで僕は、あの日のことを思い出した。

2年前の7月。

僕は、丑の日限定の「うなぎランナー」として、皇居ランのあと、豊洲市場の鰻屋に向かったのだ。

激しい雨が降りしきる中、心折れそうになりながら。

f:id:ICHIZO:20210627012149j:plain

今日のランで、この橋を渡っている時が、一番の豪雨、かつ暴風だった。

f:id:ICHIZO:20210627012340j:plain

橋の上からみた情景。

雨粒がファインダーを覆ってしまうほど。水はけも悪いのか、水たまりばかりで、靴の中はもう、ぐちょぐちょだ。

うなぎランナー、雨と戦う。 - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

しかし、昨日は一転。

雲は多かったものの、2年前の景色とは段違い。橋の上からは、快適な情景が見渡せた。

f:id:ICHIZO:20210627012439j:plain

ここまで来れば、豊洲市場までは、あと数キロメートルだ。

やおら、気持ちが高ぶってくる。

昨日は、とても暑い1日だったけれど、この時間は、まだそれほど気温も高くなくて、快適な気候だった。

僕の家からここまでは、それなりにロングランだったのだけれど、ゴール地点後に待っている「ご褒美」目指して、僕は気持ちよく走り続けた。

そして。

f:id:ICHIZO:20210627020554j:plain

豊洲市場に到着!

この時点では、まだ午前5時前だったのだけれど、もう、空はすっかり明るくなっていた。

僕は、清々しい気分でランを終えた。

あとは、市場内にある、目的の店を目指すだけ、だ。

f:id:ICHIZO:20210627014912j:plain

コロナ禍に伴い、市場への出入りにも制限が加わっていた。

マスク必須、入場時には検温も実施されるようだ。

僕はここまで、バフを装着して走ってきたが、こんなこともあろうかと、別途持参してきた不織布マスクに付け替えた。

f:id:ICHIZO:20210627015156j:plain

午前4時45分。開場15分前。

僕の前には10人程度の人が並んでいた。よし。これぐらいの人数ならば楽勝だ。

皆、目的の店はそれぞれ異なる筈で、たぶん、超人気の「寿司大」を目指す人が多いだろう。 

僕の目指す店なら、1番乗りできるかもしれない。

ということで、僕は、心躍らせながら、開場時間を待っていた。

その後、愕然とする展開が待ち受けているとは、思いも寄らずに。

(以下、続く) 


マラソン・ジョギングランキングへ