餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「2020」Year in Sport by Strava(Gyoza Runner edition)

スポンサーリンク

僕は、今年から「Strava」アプリを愛用し始めた。

Stravaは、世界中で広く使われている、アスリートのためのアプリケーションだ。

とにかく機能が多彩だし、Garminウォッチとの連携もバッチリなので、ランニングへのモチベーションが大いに上がる。

先週、そんなStravaから、こんな内容のメールが届いた。

f:id:ICHIZO:20201225013141p:plain

2020年のあなたの奮闘ぶりをご覧ください。
今年は、レースがキャンセルになったり、トレーニングプランも変更せざるを得ない状況だったことでしょう。それでもあなたは諦めませんでした。

どれだけ遠く、長く、速く走ったか。その他のデータも合わせて、是非ご覧ください。頑張った Gyozaさんに、Kudos!

どうやら、Stravaで記録していた僕のデータを集計してくれているらしい。

早速確認してみたところ、その内容が想像以上に素晴らしくて感激した。

これはきっと、Stravaから僕へのクリスマスプレゼントだ。

ということで…クリスマスの日にご紹介させていただくことにした。

以下は、キャプチャした画像がずらずら続くだけなので、興味のない方(というか、「興味のある方」などいるのだろうかw)は、スルー推奨。

Stravaの分析結果は、とにかく素晴らしいものだったのだけれど、最初は、一瞬「あれっ?」と思った。

f:id:ICHIZO:20201225015142p:plain

2020年における、僕の総アクティブ日数が224日と表示されたからだ。

そんな筈はない。基本的には毎日走っているので、どう考えても、300日は超えていないとおかしい。

僕はちょっとモヤモヤした気分になった。

f:id:ICHIZO:20201225015455p:plain

トップスポーツは、ランニング100%。

もし僕がサイクリストでもあったならば、サイクルの割合もされたようだ。

f:id:ICHIZO:20201225020540p:plain

最初に感じたモヤモヤがここで解決した。

僕は今年9月からStravaを使い始めたのだけれど、データについては、過去のGarminデータと連携がとれているものかと思っていた。

しかしそれは、今年5月以降のものに限られていたようだ。

ならば、総アクティブ日数が224日なのも納得。

f:id:ICHIZO:20201225021044p:plain

僕の最もアクティブな時間帯は、5:00~6:00とのこと。

「朝日を追いかけた一年」というフレーズには、とても納得した。

僕は、太陽が昇る瞬間、夜から朝に変わる瞬間を眺めながら走るのが大好きだからだ。

f:id:ICHIZO:20201225021337p:plain

年間の距離は、2,260km。

正確に言うと、2020年5月~12月25日までのデータ*1になる。

f:id:ICHIZO:20201225021622p:plain 

最長アクティビティは、10月18日。

そう。

《バーチャル》ニューヨークシティマラソンを完走した日だ。

例年ならば、フルマラソンを数本走っている筈なのだけれど、今年はこれ1本だけ。

しかも、たったひとりで走ったために、かなりキツかったことを思い出した。

f:id:ICHIZO:20201225022809j:plain

平均ペースは、キロ6:00。

若干の調整が入っても5:58止まりなので、いやはや遅い。

僕は、毎日ダラダラ走っているのが常なので、当然の結果なのだけれど、情けないなぁと思っていたら、Stravaは、補正ペースを提示してくれた。

曰く、「大変な1年だったので、少しおまけしておきました」とのことで…。

f:id:ICHIZO:20201225023146j:plain

おまけしすぎww

補正してくれるのは嬉しいけれど、実測値とここまで差がありすぎると、嫌味なんじゃないかと思えてしまう。

でも、まぁ、こういったStravaの洒落っ気は嫌いじゃない。

f:id:ICHIZO:20201225023453p:plain

獲得標高は8,577m。

データ集計が5月からのため、1月と2月に走った足柄峠走2回分が含まれていない。

それが入っていれば、10,000mを楽に超えていたのになぁ…。ちょっと残念。

f:id:ICHIZO:20201225023953p:plain

最大標高差だった日は、前述の《バーチャル》ニューヨークシティマラソンの日だった。

あんまりアップダウンのあるコースだった気はしないのだけれど、42kmも走れば、それなりに累積したのだろう。

まぁ、足柄峠走が含まれないならば、妥当な結果とも言える。

f:id:ICHIZO:20201225024157p:plain 

アチーブメントとエフォートの数。

僕は今年からStravaアプリを使い始めたので、達成数だけはやたらと多い。

f:id:ICHIZO:20201225024308p:plain

KUDOSとは賞賛という意味なので、どうやら、Stravaアプリにおける「いいね」のようなものらしい。

Stravaアプリを使いはいじめた頃、見たことも会ったこともない、海外のランナーから、いきなりKUDOSがついていて、ちょっと戸惑った。

どうやら、僕の恥ずかしいダラダラペースランが、公開設定になっていたようだ。

ということで、僕は、自分のランを「非公開」設定に変更。その後は、KUDOSがつかなくなった。

僕は、Stravaアプリによる繋がりを求めてはいないので、それで全く問題ない。

ということで、これら一連のデータをまとめて…。

f:id:ICHIZO:20201225025211p:plain

2020年の総括データが表示された。

実際は、8ヶ月分のデータであるが、感慨深いものがある。

f:id:ICHIZO:20201225025603j:plain

Stravaからの感謝の言葉で締めくくり。

僕にとって、Stravaは、必要不可欠なサブスクサービスとなったので、来年も、もちろん継続予定。

来年の年末には、丸々1年分のデータによる集計結果が見られるだろうから、楽しみだ。

Strava

Strava

  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: アプリ
 

*1:アプリを開くたびにデータは更新されるので、年末までには、あと数十キロプラスできそう。


マラソン・ジョギングランキングへ