餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

趣味どきっ!「広がれ!餃子キングダム」に胸どきっ!

スポンサーリンク

胸のどきどきが止まらない。

僕のようなオッサンがそんなことを言うと、「不整脈だろ?」と思われるかもしれないが、違う。

いくつになっても、胸はときめくのだ。

そう。

f:id:ICHIZO:20201226015146j:plain

広がれ! 餃子キングダム (NHK趣味どきっ!) | パラダイス山元

この本をゲットしたからである。

いやぁ、この表紙を見ただけで、心拍数が上がってしまう。なんて美味しそうな餃子なんだ!

それもその筈。

この魅惑的な餃子を作り出したのは、「餃子の王様」パラダイス山元さん。

それはもう、美味しいに決まっているじゃないか。 

パラダイス山元さんの素晴らしさについては、過去何度も、エントリーで書かせていただいている。

今を遡ること、8年前。

僕は、僥倖にも、パラダイス山元さんの店である「蔓餃苑」へ、何回か訪れることができた。

あの時に巡り会った、そして食べた餃子の数々を、僕は一生忘れることがないだろう。

ミシュラン3つ星の店よりも予約がとりにくいと言われる「蔓餃苑」の入店権を、僕が何度か得ることができたのは、まさに奇跡。

それが証拠に、僕は、8年前の9月を最後に、「蔓餃苑」を再訪できていない。

「蔓餃苑」の入店ハードルは、当時よりもさらに上がってしまったため、もう不可能だとは思うけれど、あぁ、またいつか「蔓餃苑」に行きたいなぁ…。

そんなパラダイス山元さんの凄さは、その著書でも存分に発揮されている。

4年前には、餃界を騒然とさせた、空前絶後のレシピ集を上梓。

僕が「蔓餃苑」を訪れた頃よりも、さらなる進化を遂げた、奇跡の餃子たちに、僕は思わず見惚れてしまったほどだ。

そんな餃子の王様が、来年の1月と2月、NHKの《趣味どきっ!》で、講師を務められることになった。

興奮せずにはいられない。

f:id:ICHIZO:20201226023911j:plain

《はじめに》では、番組スタッフからの熱い思いが語られている。

「餃子の王様」を講師に迎えての「餃子の王国(キングダム)」宣言だ。

f:id:ICHIZO:20201226024323j:plain

目次を眺めているだけでも、心が躍る。いやはや、充実した内容ではないか。

「趣味どきっ!」の放映日は毎週月曜日の夜。

僕はこれまで、月曜日を迎えるたび、憂鬱な気分になっていたのだが、来年の1月と2月だけは、そんなブルーマンデーもバラ色になりそうだ。

テキストの内容は、非常に充実している。

f:id:ICHIZO:20201226024548j:plain

f:id:ICHIZO:20201226024758j:plain

基本的な餃子のレシピは、しっかりと掲載されているが、パラダイス山元さんが講師なのだから、もちろん、それだけにとどまらない。

多種多彩な餃子たちが掲載されており、どれもこれも魅惑的だ。

特に…。

f:id:ICHIZO:20201226024928j:plain

この進化系餃子の紹介がたまらない。

f:id:ICHIZO:20201226025056j:plain

海老餃子の強烈なインパクト。そして、納豆生ハム(!)餃子。

僕は納豆が大の苦手なのだけれど、この餃子なら食べられるかもしれない。

f:id:ICHIZO:20201226025117j:plain

あっと驚く、スイーツ餃子の数々。パラダイス山元さんの構想力には、脱帽だ。

そして、それが(経験則上)美味しいに決まっているのだから、痺れてしまう。

f:id:ICHIZO:20201226025608j:plain

皮と包み方だけにこだわった放映回もある。

僕は、《餃子は皮こそが命》だと思っている(だから、手羽餃子などという、餃子の名を騙るマガい物は許せない)ので、非常に興味深い。

f:id:ICHIZO:20201226025934j:plain

全国の餃子を訪ねて、東へ西へ。

宇都宮、浜松、福島、神戸、八幡、宮崎、高知…。各地の名店餃子たちが紹介されていて、いますぐ飛んでいきたくなる。

さらに、テキストならではの《特典》として…。

f:id:ICHIZO:20201226030218j:plain

パラダイス山元さんによる、餃子エッセイが何本も収録されている。

読む餃子》の番外編といった趣で、とても嬉しい。

この本、「広がれ!餃子キングダム」には、隅から隅まで餃子愛が詰まっているのだ。

NHKテキストという位置づけではあるが、番組の存在なしでも、究極の餃子本として成立している。

それでいて、価格は(テキストということもあり)税込1,210円にとどまっていて、実にお得。

餃子好きならば、絶対に持っていて損はない本だと思う。超オススメ。

もちろん、番組も見逃せない。

月曜の夜は、餃子王国の日!と覚えておこう。

広がれ! 餃子キングダム (NHK趣味どきっ!)

広がれ! 餃子キングダム (NHK趣味どきっ!)

 
餃子の創り方

餃子の創り方

 

とにかくほんとにこれは素晴らしい本なのだけれど、推薦オビが…。(いや、却ってレアかも^^;)


マラソン・ジョギングランキングへ