餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ソフトバンク、docomo対抗「SoftBank on LINE」発表!

スポンサーリンク

ソフトバンクによる、ドコモ「ahamo」の対抗プランが発表になった。

f:id:ICHIZO:20201224011752j:plain

その名も、「SoftBank on LINE」だ。

これはコンセプト名とのことで、正式なブランド名は、後日発表されるとのこと。

ただ、LINE統合と「オンライン」を引っかけたネーミングは、非常にインパクトが大きく、個人的には、ブランド名もこれでいいんじゃないか?と思えた。

そのサービス内容は、ドコモの「ahamo」を踏襲している点が多い。 

  • 月額2,980円(税別)。
  • 月間20GBのデータ容量(超過後も、最大1Mbpsで通信可能)。
  • 通話料は1回あたり5分まで無料。(5分以降は30秒あたり20円(税別))
  • ソフトバンクの4G・5Gのネットワークに対応。

といったところは、docomoと完全に同じだ。

横並びにしなければいけない法律でもあるのだろうか?

サービス内容における、docomoプランとの大きな違いは、海外対応。

docomoの「ahamo」では…。

海外82の国や地域で追加料金なしでデータローミングが利用可能

と言うのがメリットとなっているが、SoftBank on LINEでは非対応。

ソフトバンクには、「アメリカ放題」という、アメリカ全土で使い放題のサービスがある(基本料金/無料)のだけれど、それが、このプランに適用されるかどうかは不明。*1

もしアメリカ放題もつかないとなると、かなり大きなマイナス点となりそうだ。

現状は、海外旅行が困難な時代になっているため、それほど大きなデメリットではないのかもしれないけれど…。

逆に、docomoの「ahamo」プランに対して、完全にメリットとなっているのが、LINEとの連携。

ソフトバンク傘下におけるMVNOサービス会社のLINEモバイルを吸収合併し、この新プランで提供するようだ。

プレスリリースでは、LINEがデータ容量を消費せずに使い放題となる【LINEがギガノーカウント】を謳っているため、LINEのヘビーユーザーにとっては、大きな魅力がありそうに見える。

ただ、個人的には、「そんなに容量がいるのかなぁ…?」とも思う。

LINEのデータ容量がフリーになるのは、LINEモバイルのプランを引き継いだものと言えるけれど、SoftBank on LINEではちょっと事情が異なる。

LINEモバイルでは、月間3GBの格安プランがあり、それでLINEのデータ容量がフリーになるため、大きな魅力があった。

しかし、SoftBank on LINEは、月間20GBも容量があるため、よほどLINEをヘビーに利用しない限り、その枠で収まってしまうような気がする。*2

個人的には、月間20GBもいらないから、月額料金を少しでも下げてくれたら最高だったのだけれど…。

とはいえ、ラインとの統合は、かなりインパクトがあるので、魅力を感じる人もいるだろう。

衝撃的なdocomoのプランに対し、ソフトバンクが、年末までにきっちりと対抗策を打ち出してきたのは、流石だと思う。

こうなると、来年1月に対抗策発表を予定しているという、KDDIの動向が大いに気になる。

ソフトバンクに先を越され、プラン発表が翌年になってしまうというのは、出遅れ感が半端ではなく、大きな痛手だ。

もはや《横並び》では魅力を打ち出せないと思うため、画期的なプランが出てくることを期待したい。

*1:除外とは謳われていないので、適用なのだとは思うけれど、詳細サービスの発表までは安心できない。

*2:トークや音声通話などにかかるデータ容量は取るに足らないので、ビデオや動画送信などの容量をどれだけ使うかによると思う。


マラソン・ジョギングランキングへ