餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

読書の秋、筒井先生新刊ラッシュの秋!

スポンサーリンク

はてなブログ今週のお題は、「読書の秋」

僕は、生粋のツツイストだから、なんと言っても筒井康隆先生の本について語りたい。

f:id:ICHIZO:20181123222603j:plain

僕の家には、筒井先生著作の専用本棚があるので、いつでも、何度でも、すぐに読み返すことができる。

今年の秋は、この本棚に、沢山の新刊が加わることになった。

まさに、「筒井先生新刊ラッシュの秋」となっているからだ。

その皮切りはこれ。

「筒井康隆、自作を語る」だ。

僕は、そのトーク部分を、すべて生ライブで聞いているし、SFマガジンに書き起こされたものも読んでいたのだけれど、それでもやっぱり嬉しかった。

続いて発売されたのが…。

f:id:ICHIZO:20181123213002j:plain

総特集 筒井康隆: 日本文学の大スタア (文藝別冊)

この本。

僕は、発売のタイミングで、シカゴに行っていたため、レビューの時期を逸してしまったのだけれど、これも、もちろん全ツツイスト必携必読の書だ。

さらに…。

f:id:ICHIZO:20181123223136j:plain

筒井康隆展 YASUTAKA TSUTSUI EXHIBITION 

現在開催されている「筒井康隆展」の公式ガイドブックも発売された。

展示の内容を、実に詳しく紹介しているので、読み終えた途端、また、筒井康隆展に行きたくなる本だ。

これだけでも凄いと思うのに、今週、さらにまた、凄い新刊が発売された。

f:id:ICHIZO:20181123224243j:plain

不良老人の文学論

なんと14年ぶり(!)のエッセイ集、発売だ。

どうやら、2004年に刊行された「笑犬樓の逆襲 」以来になるらしい。あぁ、あれから、もう14年も経っていたんだなぁ…。

なにしろ、本当に久しぶりのエッセイ集だから、最高に嬉しい。

f:id:ICHIZO:20181123230028j:plain

f:id:ICHIZO:20181123230044j:plain

オビや目次をパラパラと眺めているだけで、ワクワクがとまらないほどだ。

思わず一気読みしたくなったが、なんだか勿体ないので、秋の夜長にゆっくりと読み進めていこうと思う。

まぁ、でもいったん読み始めたら、きっと止まらないだろうし、これから何度も読み直すだろうから、何の問題もないのだけれど(^^;


マラソン・ジョギング ブログランキングへ