餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

感銘のふたつの夜

スポンサーリンク

アフターまでが、イベントだ。

「筒井康隆展」記念のトーク&オークションイベントで、僕は、それを心から実感した。

1ヶ月前に行われた初回のイベントでは、史上空前のオークション終了後、「超」ツツイストの皆さんと飲む機会をいただいた。

僕もツツイストの端くれではあるけれど、こんな僕などとは、格が違う。筒井先生に対する造詣が、半端じゃない方々との宴だ。

f:id:ICHIZO:20181204050420j:plain

場所は、会場近くにあった、ワインバー。

f:id:ICHIZO:20181204050646j:plain

まずは、乾杯!

時刻は、たぶん、午後9時に近かったと思う。

イベント開始から3時間近くが経っており、その間は何も飲食しなかったので、このビールは、身体じゅうに染み渡って、最高に美味しかった。

ワインバルの店…の筈なのに、カールスバーグ推しで、料理も、シシカバブとかガパオとかが並ぶ多国籍系。何だかとても不思議なムードだ。

ここではさまざまな料理を食べたけれど、この日の主役は料理じゃなくて、筒井先生談義。

だから僕は、できるだけ、料理写真の撮影を自粛した。

が、なぜかこれはしっかり撮っている。

f:id:ICHIZO:20181204053118j:plain

チベット風 蒸し餃子 トマトソース添え

いわゆる「モモ」と呼ばれる料理だ。

どんな状況であろうが、餃子ランナーである以上、この写真だけは取り逃すわけにいかない。

f:id:ICHIZO:20181204054151j:plain

その断面も、もちろん撮影。

これは餃子じゃないだろ?と言われる人がいるかもしれないが、いやいや、メニュー名にもあるとおり、これは、れっきとした餃子類の料理だ。

アレクサが好きな手羽餃子なんかよりも、断然餃子だ!ということを、僕は力強く語りたい。

と。餃子のことを語っていたら話がそれた(^^;

僕は、この料理が出てきた瞬間を除いては、ずっと、ツツイストの皆さんと話し続けた。

何しろ、ここに集まったメンバーは、「超」ツツイストの方々ばかりなので、とにかく、話をさせていただくだけで、最高に楽しかった。

気がつけば、あっという間に2時間近くが経過。

僕らは、1ヶ月後の再会を約束して解散した。

そして。

先週末のイベント後も、僕は、また、皆と一緒に語り合う機会をいただいた。

今回、僕らが選んだ店は…。

f:id:ICHIZO:20181204055246j:plain

駅前の中華料理店だった。

店内は閑散としており、ちょっと不安も感じたけれど、結果的には大正解だった。

店内の雰囲気も料理も、「ザ・昭和の中華」という感じだったけれど、まぁ、悪くなかった。

何より、貸切状態で利用できたため、気楽にゆったりと、イベントの余韻や、筒井先生にまつわるさまざまな話で盛り上がることができた。最高だ。

ということで、この日のメインテーマも、もちろん「筒井先生の話題」であり、食べた料理は二の次だった。

のだけれど…。

f:id:ICHIZO:20181204060414j:plain

もちろん、餃子の写真だけは撮っているw

f:id:ICHIZO:20181204060621j:plain

断面だって撮り損なわない。

皆さんには呆れられていたんじゃないかと思うけれど、これだけは、餃子ランナーとしての性。

いわば、反射神経的にカメラを構える癖がついてしまっているので、どうしようもなかったのだ。

味は、いわゆる普通の冷凍野菜餃子という感じで、餃界において特筆すべきものはない。

しかし、筒井先生にまつわる話で盛り上がりながら、餃子が食べられる、それだけで僕は最高の気分になった。

あぁ、ツツイストの端くれとして生きてきて、本当に良かった。

革命のふたつの夜 (角川文庫 緑 305-7)

革命のふたつの夜 (角川文庫 緑 305-7)

 

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ