餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

大久保@ひまわりのモーニング「餃子定食」で、元気をチャージ!

スポンサーリンク

開いてた! 

f:id:ICHIZO:20180719161453j:plain

「営業中」の看板を見て、僕は、思わずホッとした。

戸山公園・箱根山ランに向かう前、午前6時から営業という案内を目にしていたから、開店しているのは当たり前。

ただ、僕は、心配性ゆえに、「実際は7時ぐらいまでずれ込むんじゃないか?」とか、「臨時休業だったらどうしよう」と、思っていたのだ。

だから、ちゃんと開いていてくれて、本当に良かった。

f:id:ICHIZO:20180719161532j:plain

入店。

カウンターの先客はひとりだけ。その並びに座ろうとしたのだけれど、店の女将さんらしき人から、「奥のテーブル席へどうぞ」と案内された。

僕は、疲れているように見えたのだろうか…。

でも、ゆったり座れそうなのは嬉しかったので、その言葉に甘えてテーブル席へ。

f:id:ICHIZO:20180719162246j:plain

テーブル席には、常連と思われる人たちがいた。

この写真だけ見ると落ち着いた雰囲気だが、このあと、お酒と料理がどんどん運ばれてきて、人数も8人以上に増え、宴会状態に。

朝から楽しそうでいいなぁ…などと感じながら、眺めていたことをお思い出す。

僕は、テーブル席に着くとすぐ注文を行っていたが、出てくるまで、ちょっと時間がかかりそうだったので、店内を見渡してみた。

f:id:ICHIZO:20180719161621j:plain

 「いろいろ」メニュー。

朝定500円。安い。が…いったいどういう内容なのだろう。

目玉焼きがつくだけで300円プラス?値段の設定がよくわからない。

f:id:ICHIZO:20180719161638j:plain

本日の日替。こってりしたメニューが並んでいる。

僕が入店した時刻は、まだ早朝だったけれど、これらもしっかり注文できるようだ。

ただ、僕は、これらの料理には目もくれず、注文したのは、もちろん…。

f:id:ICHIZO:20180719161702j:plain

自家製餃子だった。

単品400円。定食にすると700円。

僕は、餃子を主食だと思っているため、通常、「餃子」を食べるときは、ご飯をお供にしないのが常。

しかし、今回は、ご飯とともに、定食で食べることが重要だと思った。

f:id:ICHIZO:20180719161750j:plain

この店は、ご飯の美味しさも売りにしている店だったからだ。

僕は、戸山公園のWコースランで、とってもお腹が空いていたということもあり、たまには、がっつりと味わうのも悪くないと思った。

僕の店内写真撮影について、女将さんは快く認めてくれた上、さらに、色々な媒体をテーブルに運んでくれた。

f:id:ICHIZO:20180720043904j:plain

f:id:ICHIZO:20180720044359j:plain

グルメ雑誌での紹介記事。そのどちらにも、餃子はしっかりと載っている。

女将さんからは、掲載にまつわるエピソードなども伺うことができ、僕はそれを、とても興味深く聞いた。

f:id:ICHIZO:20180720043930j:plain

新聞記事のイラストマップ。

走り終えたばかりの戸山公園、箱根山と一緒に、この店の情報も掲載されていた。

こういった記事たちを、しばし興味深く眺めていると…。

f:id:ICHIZO:20180719161825j:plain

 餃子定食、キターっ!

しかも、僕用のカスタマイズバージョン。嬉しい。

というのも、最初は、この写真と違う形で提供されたからだ。

左上にある蒟蒻の部分には、最初、パックに入った納豆があった。僕は納豆が大の苦手なので、「うー、納豆かぁ…」とつぶやくと、女将さんが快く交換してくれた。

さらに…。

女将さんから「野菜はお好きですか?」と言われたので、「大好きです!」と答えると、大きなボウルに入った野菜サラダを持ってきてくれ、「好きなだけお取りくださいね。」とのこと。

f:id:ICHIZO:20180719161849j:plain

 彩り鮮やかな野菜のオプション。いやぁ嬉しい。

f:id:ICHIZO:20180719161911j:plain

餃子は…。

自家製と謳われていたので、もちもち、カリカリなものを想定していたが、そのイメージとはちょっと異なっていた。

f:id:ICHIZO:20180719162120j:plain

具は、野菜系の優しい味わいに感じたが、ニンニクも効いていて、僕の好みのタイプだ。

僕は、餃子ランナーなので、餃子のことを優先して書いたけれど、実は、この定食において一番美味しかったのは「ご飯」だったw

f:id:ICHIZO:20180720042707j:plain

信州の田んぼから、毎週精米して送られてくるというのは、ダテじゃない。炊き方も完璧だ。

あぁ、今日は定食にして良かった、ご飯をつけておいてよかったなぁ…と心から思った。

女将さんの心遣いと、美味しい定食で、僕はランの疲れがしっかりとれて、元気になるのを感じた。

今度訪れた時は、是非、看板メニューの「肉じゃが&メンチカツ定食」を食べてみたい。 

 

【蛇足】

「ひまわり」気分に浸りたくなったので、アレクサに、「ミスチルのhimawariかけて」とリクエストしたら…。

f:id:ICHIZO:20180720050506j:plain

すぐに流し初めてくれた。やっぱりこれは名曲だなぁ。

amazon music unlimitedにしてよかった(^^)

 

マラソン・ジョギング ブログランキングへ