餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

これぞ町中華!北区志茂「幸楽」の《昭和感》に痺れた-っ!

スポンサーリンク

閑静な住宅街の中に、その店はひっそりと存在していた。

f:id:ICHIZO:20211203013709j:plain

年期が入った木製の戸に、くたびれた暖簾が無造作に吊されている。

そして、餃子推しのミニのぼり。

その佇まいだけで、僕はもうメロメロだ。

入口にあるショーウインドウが、これまたたまらない。

f:id:ICHIZO:20211203014512j:plain

メニューの書かれた紙の前に、謎の置物がズラリと並んでいる。

メニューの説明や値段が見えにくくなっているし、どう考えても邪魔なのだが、なんだかほのぼのとした気分になってしまう。

近寄って眺めてみると…。

f:id:ICHIZO:20211203015143j:plain

餃子には、手作りと書き添えてあり、自慢のメニューであることがわかる。

その脇には、大人気・やみ…と書かれているが、その後がわからない。どうしてそこに猫を置くかなぁ…。

まぁ、たぶん「やみつき」だろうと思うが、米国生まれの猫が「ヤミー(yummy:美味しいの意味)」と言っている設定なのかもしれない。(違うだろw)

いずれにしても、これはかなり期待できそうだ。

入店。

f:id:ICHIZO:20211203020829j:plain

店内は、4人掛けのテーブル2つと、3人掛けの円テーブルが1つの、コンパクトな造り。

決して綺麗とは言えないし、雑然としているのだけれど、それがまた昭和感を醸し出していて、悪くない。

いや。むしろかなり素敵だ。

f:id:ICHIZO:20211206032155j:plain

そのレトロな雰囲気が買われて、映画やドラマのロケ地としても使われているようだ。

僕はどちらの作品も知らなかったが、amazon Prime Videoラインナップにあったので、今度見てみようと思う。

痺れたのは、壁に掲げられていたメニュー表。

f:id:ICHIZO:20211203021156j:plain

ラーメン400円!チャーハン480円!

500円以下のメニューが中心となっており、最も高いカツカレーでも700円。

いやはや安い。まるで、価格も昭和にタイムスリップしたかのようだ。

お得なセットメニューも用意されている。

f:id:ICHIZO:20211203021617j:plain

半ラーメン、半チャーハン、半焼肉丼、半カレー丼などを加えたセットメニューも充実している。いやぁ、素晴らしい。

僕は、手作り餃子を注文することは決定していたが、それに加えて、何を注文しようか迷った。

…すると、《ニラ玉炒めライス》というメニューがあることを発見。

一品料理の中に「ニラ玉」というメニューがなかったのだけれど、定食メニューにあるなら、単品で注文もできる筈。

ニラ玉は、中華料理の中で、餃子の次に好きなメニューなので、それがあるなら決定だ。

ということで、まずはニラ玉を注文。

そしてもちろんビールを頼んだ。

老齢の女将さんは、僕の注文を聞き、店の奥でゆったりと料理を作り始めた。

なんともノスタルジックな雰囲気がたまらない。

いやぁ、良いぞ。かなり良い。

僕は、そんな思いを抱きながら、店のムードに酔っていると、意外なビジュアルのものが、目の前に運ばれてきた。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ