餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Apple Pencilに関する誤解について(汗)

スポンサーリンク

新型iPad Proの発表直後。

僕は、いてもたってもいられなくなり、appleストアのWebサイトで、本体を即予約した。

しかし、その後、各種WebサイトでiPad Proの情報を収集しているうち、大きなミスを犯してしまっていたことに気がつく。

え?

Apple Pencilって、別売りだったのか!

ということだった。

僕は、てっきりiPad Proに同梱されているものだとばかり思っていたので、大いに焦った。

恥ずかしながら(いやはやホントに恥ずかしい)僕は、それを今回初めて知った。それでもモバイラーかよ!と笑われそうだ。

Apple Pencilが別売りなのは、今回に限ったことではなく、旧型iPad Pro時代からのこと。

そう言えば、僕も以前は別売りだったことを認識していた筈だ。

しかし、なぜかそのことを忘れてしまい、新型iPad Proに付属しているものだと勝手に考えてしまっていた。バカすぎる。

そもそも、Webサイトに掲載された写真が誤解の元。

「はじめまして。新しいiPad Proです。」のキャッチコピーとともに…。

f:id:ICHIZO:20181109041852j:plain

こんな写真が掲載されているのだ。

これじゃぁ、ペンは本体にくっついて販売されているものだと思うではないか。

「思わないって!」という反論が来る前に、言い訳を書き進めようw

僕は、とにかく、この写真を見てビビッときてしまい、すぐに注文。

注文ステップの途中で、Apple Pencilのあわせ買いボタンなどもあった筈だが、何しろ僕は痺れているので、それも見逃していた。

ということで、僕は「本体のみ」を予約し、あとで大きな間違いを犯していたことに気がつく。

しかも僕は、その値段を知ってさらに驚愕。

なんと、税別で14,500円もするのか。ペンシルなのに。ペンシルなのに…。

しかしこれは、もちろん単なるペンシルじゃない。いわば魔法のペンシル。

しかも、初代からのグレードアップぶりが半端じゃなかった。

f:id:ICHIZO:20181109054534j:plain

全く新しくなったそれは、デザインも機能も、とても魅惑的で、新型iPad Proを買うなら必須のアイテムだと思った。

僕は、苦肉の策として、Apple Pencilと同日発売で、価格帯の近い Kindle Paperwhiteをキャンセルし、その購入費用を捻出した。

が…無知の代償は大きかった。

iPad Pro本体から1日遅れの注文となってしまったため、痛恨の事態が訪れる。発売日に入手できなくなってしまったのだ。

なんだかんだで発送が早まったりしないかなぁ…という淡い期待を抱いていたが、それも叶わなかった。

結局…。

f:id:ICHIZO:20181109050303j:plain

本体は配送済になっても…。

f:id:ICHIZO:20181109050411j:plain

ペンシルの方は処理中のまま。

僕は来週まで待つしかないと思いつつ、でも、やっぱり諦めきれずに、発売日当日の逆転を祈った。

予約分はなくても、当日なら、店頭在庫があるかもしれないと思ったからだ。

AppleのWebサイトは、「処理中」商品のキャンセルは自由だから、もしも店頭在庫があれば、それを確保後にキャンセルすることができる。

ダメもとで、発売日の仕事帰りに確認してみよう…。

ということで、その日の夕方、Twitterなどでつらつらと Apple Pencilの店頭在庫状況を検索して、大いに驚く。

なんと、どこのappleストアにも、余裕で在庫があるようだったからだ。

しかも、apple storeアプリで、店頭在庫を押さえておくことができるということがわかった。

僕は、そんなことも知らなかった自分に、再び恥ずかしさを覚えながら、でも、すぐに気を取り直して注文した。

f:id:ICHIZO:20181109051733j:plain

あっという間に取り置き完了。

なんというか、簡単すぎて驚いてしまう。

ということで、僕は、いったん帰宅後、iPad Pro本体を開梱する間もおかず、すぐにApple 新宿へと向かったのである。

f:id:ICHIZO:20181109052942j:plain

ストア内には、沢山のiPad Proが展示されており、多くの人がその使い心地を確かめていた。

ペンシルの在庫も大量にあるようで、取り置きをしてもらう必要もなかった雰囲気だ。

僕は、なんでWebではそんなに時間がかかるんだろう…?と思いつつ、しかしまぁ、とりあえずは入手できることに安堵し、取り置き品の受け取り場所へと向かった。

あとは、Apple Pencilを受けとって帰るだけ、と思っていたのだけれど…。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ