餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Apple 新宿で、新型iPad Proの実機を体験して、そして…。

スポンサーリンク

時は11月7日に遡る。

僕は、長い間待ち焦がれたiPad Proを、宅配で受け取るや否や、Apple 新宿に赴いた。

その理由は、店舗在庫のApple Pencil(第二世代)をゲットするため。

僕は、このペンシルについて大きな誤解があり、今回、iPad Pro本体と同時注文をしなかった。

その結果、Web注文分は、来週の到着になってしまっていた。

しかし、発売日当日、店頭在庫は潤沢にあるという情報を得たため、apple storeアプリで在庫分を差し押さえて、購入。

ということで、Apple 新宿へ受け取りに向かったのである。

f:id:ICHIZO:20181109204714j:plain

店舗の中には、行列ができていた。

驚いて店員に確認すると、「商品購入の列です」とのこと。

うわ。こんな列に並ばないと買えないのか…と、僕は焦った。

これでは、受け取りに1時間以上はかかるのではないかと思ったからだ。

が、それは誤解だった。

webで会計が済んでいる商品の受け取りは、別の列となっていて、そこには、ほとんど人が並んでいないようだったので、ほっとした。

店舗内をゆったりと巡る心の余裕もでき、折角だから、iPad Proの実機を体験しておこうと思った。

発売日ということもあって、iPad Proが置いてあるテーブルは、どこもかしこも大人気。

f:id:ICHIZO:20181109204747j:plain

皆が、その使い心地を確かめていたため、なかなか僕は触ることができなかったのだけれど、しばらく後ろで待機していると、ついに順番が回ってきて…。

f:id:ICHIZO:20181109204815j:plain

iPad Proにさわれた!

ディスプレイの上には、Apple Pencilもくっついていた*1ので、その使い心地も確かめることができた。

あとは、自宅でその使い心地を確かめるだけ…だった筈なのだけれど、ここで僕の心は大きく揺れた。

展示機には、僕のゲットしていないものが付いていたからだ。

そう。Smart Keyboard Folio。

iPad Pro専用のキーボードである、その打ち心地が、思った以上に快適だったため、僕は、「これも一緒に入手しておくべきではないか」と、悩んでしまったのである。

ただ、僕は、いったん諦めた。

これは事前予約していなかったため、前述の大行列に並ぶ必要が生じる。あんな列に並んでまで買う気力はない。キーボードは後日考えることにして、家に帰ろう。そう思った。

しかし、店を巡回している内に、とある事実を知って、僕の心はまた揺れる。

あの大行列は、「iPad Pro本体の当日入荷分」を買う人のための列で、周辺機器などの購入は、別になっていることがわかったのだ。

そしてその列に並んでいるのは、たった数人程度。

となると、僕は、行列で悩む必要がなくなり、その結果…。

f:id:ICHIZO:20181109204844j:plain

3点セットが揃ってしまったw

iPad Pro発売日以降、連日、だらだらと前置きを書き綴っているうちに、やっと待望の週末になった。

ようやく、「僕の」実機をじっくりと確かめる時間がとれる。

さぁ、いよいよファーストインプレッションだ。

(以下、続く。)

*1:第一世代のペンシルはくっつかないので、これが大きなポイントw


マラソン・ジョギングランキングへ