餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

カラフル、パワフル、ワンダフル!新iPad Airにフルえた朝

スポンサーリンク

今回のAppleイベントでは、さまざまな商品やサービスがリリースされた。

iPhone 12こそ発表されなかったが、盛りだくさんだったと思う。

とりわけ僕が大いに心惹かれたのは…。

f:id:ICHIZO:20200916050029j:plain

iPad Air - Apple(日本)

 「全く新しい」iPad Airだ。

いやはや、なんといっても、そのカラバリが魅力的。

iPad Proは、スペースグレイとシルバーしかなく、《渋い》印象が否めないのだけれど、今回のiPad Airは、それに加えて、ローズゴールド・グリーン・スカイブルーが用意されており、実にカラフル。

グリーンやスカイブルーといった色は、これまでのiPadのイメージを覆すような色合いになっているので、僕は大いに魅力を感じている。

単に、カラフルなだけじゃなくて、性能も凄い。

f:id:ICHIZO:20200916052059j:plain

CPUは、Apple最新最強の「A14 Bionic」をいち早く搭載。

iPad Airは、iPad Proより下位モデルではあるけれど、CPUにおいては、現iPad Pro(A12Z Bionicチップ)を大きく凌ぐことになる。

今回のiPad Airは、全体的にもバージョンアップが著しい。

Apple Pencilは、第2世代に対応するようになったし、ライトニング端子からUSB-Cコネクタに変更。 Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioにも対応する。

僕が買った2年前のiPad Proと比較すると、ほぼ遜色ない状態になっているのだ。

いや。

CPUがパワーアップしている分、むしろ今回のiPad Airの方が上だし、全体的な性能においても、きっと上回っているだろう。

それでいて、価格は圧倒的に安くなっているのだから、ちょっと悔しいw

また、新iPad Airは、Apple初の機能も搭載している。

f:id:ICHIZO:20200916053727j:plain

トップボタンへのTouch ID搭載だ。

iPad Airでは、これまで、ホームボタンにTouch IDを搭載していたが、オールディスプレイ化に伴う移動となる。

iPad Pro はFace ID 搭載なので、この点は、Proに倣わず、あえて差別化を図ったようだ。

マスク必須時代になってしまった今、Touch IDの魅力は大いに増している。

ただ、iPadの場合、自宅やオフィスを中心に使う場合も多いと想定されるので、必ずしもTouch IDの方が便利とは限らない。

据え置きで使っていると、いちいちボタンを押すのは面倒で、Face IDの方が楽。

僕は、iPad Air 2からiPad Proに乗り換えた時、その点がとても便利だと思った。

だから、願わくば、Face IDとTouch IDを両方搭載してくれるとベストだったのだけれど…。

ということで、Touch IDについてはちょっと引っ掛かるものの、それでも、新iPad Airが大いに魅力的であることは変わりない。

僕は、現状のiPad Proに満足してはいるのだけれど、ちょっと心が揺れている。


マラソン・ジョギングランキングへ