餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「GYOZA」on sale in CHICAGO!

スポンサーリンク

シカゴは、餃子の街だったw

というのは流石に語弊があるかもしれないが、少なくとも、餃子…「GYOZA」が、シカゴで一定の認知を得ているということは間違いない。

僕が泊まったホテルのすぐ近くには、アメリカの代表的なスーパーマーケットチェーンであるトレーダー・ジョーズがあった。

滞在初日に、僕はそこを訪れ、店内をぶらぶらと眺めていると…。

f:id:ICHIZO:20181010221100j:plain

冷食コーナーで、すぐに「GYOZA」を発見!

従来、餃子の英訳語とされてきた「POTSTICKERS」や「Dumplings」という文字も併記されているけれど、一番目立つトップには、「GYOZA」と書かれている。

これだけじゃない。 

f:id:ICHIZO:20181010221132j:plain

別のブランド商品でも、大きく、しっかり「GYOZA」と記載されていた。

こちらは他の英訳語なし。

パッケージに、餃子の写真が大きく掲載されていため、すぐにわかるということかもしれないが、「GYOZA」というネーミングが、CHICAGOで認知を高めていることは、間違いないと思う。

「GYOZA」の浸透ぶりは、冷食だけに限らなかった。

f:id:ICHIZO:20181010221231j:plain

これは、Jewel Oscoと言うスーパーの惣菜コーナーで発見。

その色こそ奇抜だが、どう見ても餃子だ。

Jewel Oscoは、シカゴ発祥のスーパーマーケットチェーン。

そこでこういうものが販売されているということは、現地での浸透ぶりを示していると言えまいか。

そのパッケージには…。

f:id:ICHIZO:20181010221256j:plain

「Spicy California Roll SP Assorted Chicken Gyoza」と書かれている。

なんだかよくわからないので、Googleさんに翻訳させてみると…。

スパイシーなカリフォルニアロールSP盛り合わせチキン餃子

こんな風になった。

カリフォルニアロールSPという部分が謎だが、しかし、Gyozaの部分は、しっかりと訳してくれた。

そう、Googleさんにとっても、Gyozaは「餃子」なのだ。

f:id:ICHIZO:20181010221312j:plain

開封。

光の加減で、ちょっとわかりにくいが、「赤、黄、白」の三種餃子が、合計8個。

それに加えて、KIKKOMANのPONZUも付いていた。本格的だ。

パッケージの指示通り、電子レンジで軽く温めて、実食してみた。

f:id:ICHIZO:20181010221334j:plain

その味は、意外にも(?)わりとしっかりした、オーソドックスな野菜餃子だった。

皮にはそれなりのもちもち感があったし、ニラとキャベツの食感もしっかりある。鶏肉であるせいなのか、肉の味わいは確かに淡泊だったが、悪くない。

f:id:ICHIZO:20181010221719j:plain

赤いタイプは、また違った味わいがあった。生姜(?)が入っているのか、確かにスパイシー。

写真を取り損ねてしまったが、黄色いタイプもまた違った感じで、これには人参が入っていた。

三種三様の餃子を、僕は十分に堪能した。

これらの、いったいどの部分が、カリフォルニアロールだったのかは不明だけれど、少なくとも、餃子であることは間違いなかった。

異国でよく見かける「餃子的な何か」ではなく、正しい「餃子」を食べることができ、僕は少し嬉しくなった。

帰国前日。

シカゴマラソンのレース後に、再びトレーダー・ジョーズをぶらぶらしていると、これを発見した。

f:id:ICHIZO:20181012050100j:plain

GYOZA DIPPING SAUCE!

なんと、餃子のタレが売っていた!

しかも、トレーダー・ジョーズのオリジナルブランドではないか。

そのPOPには、「GREAT WITH OUR FROZEN  POTSTICKERS」と書かれており、自信のほどが窺える。

正しくは「FROZEN GYOZA」と書くべきなんじゃないのか?と思ったが、まぁ、良しとしよう。(←なんで上からなんだよw

f:id:ICHIZO:20181010222041j:plain

もちろんゲット!

f:id:ICHIZO:20181010222101j:plain

その成分を見て、僕はちょっと驚いた。

醤油、サトウキビ、米酢、コリアンダー、セサミオイル、生姜、ニンニク…。

実に多種多彩なものがミックスされており、全く味の想像がつかない。

ただ、他ならぬトレーダー・ジョーズが、オリジナルブランドとして、「餃子用に」販売している商品。弥が上にも期待は高まる。

果たして、日本の餃子に合うのだろうか…?

その感想については、あらためて、じっくりと検証させていただこう。

Gyoza: The Ultimate Dumpling Cookbook: 50 Recipes from Tokyo's Gyoza King --Pot Stickers, Dumplings, Spring Rolls and More!

Gyoza: The Ultimate Dumpling Cookbook: 50 Recipes from Tokyo's Gyoza King --Pot Stickers, Dumplings, Spring Rolls and More!

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ