餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ランナー心をくすぐる!Tarzan「君たちはなぜ走るか」特集が秀逸!!

スポンサーリンク

久しぶりに「Tarzan」を購入。

最近は、ランニング特集であっても買い控えることが多かったのだけれど、今回は、タイトルだけで購入を決定。

その噂は、各種ニュースサイトで明らかになっていたので、今日の発売日を楽しみに待っていたのだ。

ということで、夜明け前ランの帰りに、コンビニでゲット!

f:id:ICHIZO:20181011041204j:plainTarzan 2018年10月25日号 No.751 [君たちはなぜ走るか。]

この表紙、このタイトル。巧いなぁ。巧すぎる。

企画を考えた編集者は、「やった!」と思っているんじゃなかろうか。

今年上半期最大のベストセラーであり、書店好きなら、誰もが1度は見かけている筈の…。

漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

 

を彷彿させる、インパクト抜群の特集だ。

僕は、原本となっている「君たちはどう生きるか」を読んだことがない。このマンガ版だけではなく、小説版も未読だ。

児童向きの本であり、僕ぐらいの歳になると、もう、「どう生きるか」などを考えても仕方ないと思っていたからである。

ただ、「どう生きるか」は考えたことがなくても、「なぜ走るか」については、時々考えることがあった。

だから、思いっきりランナー心がくすぐられ、今回のゲットに至った。

巧いなぁと思ったのは、表紙画に、羽賀翔一氏を起用したこと。

羽賀翔一氏は、200万部超の大ベストセラーとなったマンガ版の作者。「Tarzan」は、同書と同じ出版社(マガジンハウス)からの刊行誌だからこそ、実現した企画だろう。

ただ、今回の「Tarzan」特集がマンガ仕立てということになっているわけではない。

羽賀翔一氏のイラストは、表紙と…。

f:id:ICHIZO:20181011044415j:plain

この見開きページに掲載されているだけ。

あとは、「いつもの」Tarzan風な作り(写真&丁寧な解説)で構成されているため、もちろん、安心して堪能できる。

f:id:ICHIZO:20181011044603j:plain

目次を見ていただくだけで、その充実した内容がおわかりいただけると思う。

僕は、まだゲットしたばかりで、パラパラと流し読みをしただけなのだけれど、それでも気になるページがいくつも見つかった。

f:id:ICHIZO:20181011044845j:plain

とりわけ、このページはかなり気に入った。

人気テレビ番組(YOUは何しに日本へ?)からヒントを得たのは明らかだけれど、それを、ニューヨークのセントラルパークで取材するところが格好いい。

こういった《センスの良さ》が、Tarzanの魅力だ。

セントラルパークは、とにかく最高のランニングコースで、僕がこれまで走ってきたコースでは、間違いなくナンバーワン。

4年前の夜明けに走って感動した記憶は、今でも鮮明に残っている。

あぁ、またニューヨークで、できればニューヨークシティマラソンで、ここを走りたいなぁ…。と思った。

f:id:ICHIZO:20181011045453j:plain

もっと気持ちよく走るためのアイデア企画も良かった。

ここでは、6つのアイデアが記載されていたが、僕の気持ちに一番近いのは、「ごほうびラン」だろうか。

まぁ、僕にとっては、「餃子ラン」と言うことになるのだけれどw

特集記事内に掲載されているコラムも充実。

「いつかは走りたいマラソン大会」として…。

f:id:ICHIZO:20181011045808j:plain

シカゴマラソンが掲載されている!

僕は、つい数日前に走ってきたばかりなので、やっぱりこれにはビビッときた。

この他、ロンドンマラソンや、ニューヨークシティマラソンも掲載されており、どれもこれも魅力的だった。

「なぜ走るか」特集は、各種連載企画を除いて、雑誌全体で展開されており、合計ページ数は80ページ超に及ぶ。

ランナーならば、どこから読んでも読み応え十分な内容だ。

超オススメ。

Tarzan(ターザン) 2018年10月25日号 No.751 [君たちはなぜ走るか。] [雑誌]

Tarzan(ターザン) 2018年10月25日号 No.751 [君たちはなぜ走るか。] [雑誌]

 

【蛇足】

今日発売になったばかりの雑誌なのに…。

Kindle Unlimitedでは、無料で読めるようになっていることに、ちょっと驚いた。

僕はこれに加入しているため、買わなくてもよかったということになり、ちょっと悔しいw

まぁ、僕は紙媒体を愛しているし、紙には紙の良さがあるので、買って良かったと思っているけれど。

 


マラソン・ジョギングランキングへ