餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「餃子とワイン屋@大森」で、ランナーだらけの貸切餃子ナイト!(前編)

スポンサーリンク

大森駅東口から、徒歩5分。

ちょっとわかりにくい場所にあるビルの地下に、その店は、ひっそりと存在していた。

2月にオープンしたばかりの新店。

f:id:ICHIZO:20170308215830j:plain

餃子とワイン屋、だ。

生ビール200円!ハイボール180円!ハウスワイン250円!

実に安い。

その上に、餃子が売りの店となれば、行くしかないではないか。

ということで、例によって、餃子好き、ワイン好きのランナーたちを誘って、この店を占拠することにしたw

f:id:ICHIZO:20170308215900j:plain

ランナーだらけの貸切餃子ナイト、開幕だ。

スナックを居抜きで使ったような地下店舗に、僕らは集合した。

f:id:ICHIZO:20170308220641j:plain

店内には、このような掲示があり、とにかく安さを売り物にしていることがわかる。

前述のお酒に限らず、メニュー類もリーズナブル。

f:id:ICHIZO:20170308220046j:plain

餃子は、5個230円。1個あたり46円。

これでも十分安いが、10個だと360円(1個あたり36円)になり、15個だと480円(1個あたり32円)。注文すればするほど得になる。

餃子好きにはたまらない価格設定だ。

ノーマル餃子の隣に掲示されているイタリアン餃子は、特製だからなのか(?)一律価格だが、それでも5個280円だから十分安い。

f:id:ICHIZO:20170308220449j:plain

餃子以外の料理も激安。

ワインが売りの店ということもあって、洋風な料理名が並んでいる。

注文してわかったことだが、どれも、ボリュームとしてはおとなしめで、ちょっとした小品。

でも、それでも十分安いし、気楽に注文できるのがいい。

ふらっと入って、軽く食べて呑んで帰るだけなら、1,000円で収まってしまうのではなかろうか。

まさに、センベロの店だ。

しかし、この日の僕らは、「軽く」おさまるようなメンバーではない。

昨年のGW(Gyoza Week)や、年末にも集まって呑んでいるのだけれど、どちらも、店のお酒を飲み尽くしてしまった(!)ほどの豪傑集団。

だから、いくらでも、いつまでも気楽に呑みたいと思い、「貸切、飲み放題」を条件に、店と交渉を行った。

たっぷり3時間、ワインも含めて何でも飲み放題つきで、3,000円+税で、交渉成立。

センベロというわけにはいかなくなったが、貸切条件と僕らの酒量を考えれば十分お得だと思った。

料理は、コースだけでは足りないと思ったので、追加前提で臨んだが、前述の通り、料理単品はとても安いので、心配していなかった。

実際、コースだけでは足りず、さまざまな料理を追加しまくったけれど、それでも、1人あたり、ぴったり4,000円でおさまった。

f:id:ICHIZO:20170308220130j:plain

まずは、生ビールで乾杯。

この写真はちょっとおとなしいものになってしまったけれど、最初は、キンキンに冷えたビールが出てきて、それもちょっと感動だった。

f:id:ICHIZO:20170308215930j:plain

イベント開始。

この日は平日の夜だったため、皆、ランナー風ではないけれど、生粋のアスリートばかりだ。

フルマラソン出走なんて当たり前で、毎年、サロマ湖100kmウルトラマラソンに出ているメンバーも多数。

いや、それだけじゃない。

何週間も連続してフルマラソンに出たり、ワールドマラソンメジャーズを走破したり、インド洋に浮かぶレユニオン島で100マイルのトレイルレースを走ったり…というような、「超」アスリートばかり。

今の僕には想像がつかない世界で走っている人たちなのだけれど、皆、とても気さく。ランに関するエピソードも満載だから、とにかく楽しい。

大いに盛り上がったので、貸切イベントで本当に良かったと思う。

そして。

(以下、続くw)

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ