読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「餃子とワイン屋@大森」で、ランナーだらけの貸切餃子ナイト!(後編)

Running 餃子
スポンサーリンク

(承前)

 焼餃子が来たーーーーーーっ!

f:id:ICHIZO:20170308220005j:plain

小ぶりながら、こんがりと、ぷっくりとした、魅惑的な餃子だ。

コース料理の一環として出てきたものだが、それでも、ひとりあたり10個もあるということだったので、十分に堪能することができた。

f:id:ICHIZO:20170308220017j:plain

一口囓ると、旨味があふれ出した。

カリッとした皮と、ジューシーな具。肉と野菜のバランスも、とてもいい。ニンニクは入っていないが、ニラがしっかり効いていて、パンチも十分。

下味もしっかりついているので、何もつけなくても十分美味しいけれど、酢胡椒との相性も抜群。いくらでも食べられそうな気がした。

f:id:ICHIZO:20170310051913j:plain

イタリアン餃子も登場!

外見的には、あまり見分けがつかないような気がしたので、タバスコを添えてみたw

ノーマル餃子より、こんがりと焼かれているのは、たまたまなのかイタリアン仕様(?)なのかは不明。

f:id:ICHIZO:20170308220216j:plain

その具は、トマト、チーズ、セロリ。

個人的には、もう少しチーズ感が欲しかったけれど、でも、これはこれで美味しい。

こちらも、味がしっかりついているので、何もつけなくても十分美味しいが、イタリアン風味だけにタバスコが合うように思えた。

僕らは、コース分の餃子量だけでは飽き足りず、この後、ノーマル餃子もイタリアン餃子も追加注文した。

前回のエントリーで書いた通り、餃子は…。

f:id:ICHIZO:20170308220046j:plain

とにかく激安だったからだ。

店を貸し切ってのパーティーは最高だが、ふらっと少人数で、あるいはひとりで餃子だけを堪能するのもありだなぁ…と思ったりした。

今回は、餃子以外にもいろいろと注文したが、ランナー仲間と話すのが面白く、他の料理写真は殆ど撮り損なってしまった。

ただ…。

f:id:ICHIZO:20170308220246j:plain

このスペアリブは、撮っておいてよかった。

とても柔らかく、骨まで食べられる実に美味しいスペアリブだったからだ。これは、今度訪問した時もまた必ず注文したいと思う。

f:id:ICHIZO:20170308220235j:plain

おつまみドライカレー&バケット。

餃子と一緒に並ぶと、ちょっと違和感を感じる料理だけれど、でも、この店の雰囲気で食べると、それも悪くない。

f:id:ICHIZO:20170308215950j:plain

今回、呑みまくり、食べまくりメンバーの相手をしてくれた、店員のお姉さんとお兄さん。紫のTシャツが似合う、陽気な二人だった。

写真を撮っていたらポーズも撮ってくれたので嬉しい。

なんだかんだで、あっという間の3時間。とにかく、よく食べ、よく呑み、よく話した。

最後は、陽気なお姉さんに集合記念写真をとってもらって終了。

ランナーだらけの餃子ナイトは、とにかく楽しいので、できれば、今後も定期的に行っていきたい。

 

 

本日も餃子日和。

本日も餃子日和。

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ