餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

御徒町「老酒舗」の海苔雲呑スープに癒やされた早朝

スポンサーリンク

とにかく、身体を温めたかった。 

先週末。上野公園ランを終えた直後の、僕の心境だ。

僕は、例によって夜明け前から走ったのだけれど、池から吹き込んでくる北風がかなり強くて、身体が冷え切ってしまっていた。

だから僕は、安息の地を求めて…ここに辿り着いた。

f:id:ICHIZO:20200127023550j:plain

御徒町駅のガード下にある店、「老酒舗」だ。

ここでは、中国式の朝食を堪能できるという情報を得ていたので、開店時間に合わせてランを終えた。

僕は、前日夜に店へ電話をして、「朝7時から営業」ということを確認していたので、何の不安も抱いていなかった。

しかし、ちょうど7時を過ぎたころに到着したにも関わらず…。

f:id:ICHIZO:20200127023831j:plain

なぜか準備中。

営業時間案内では、土曜日12時からの営業となっており、いきなり不安がよぎる。

店内の灯りはついていたため、「たまたま少し遅れているだけだ」と思ったものの、5分経っても10分経っても、店が開く気配はない。

待ち続けている間に、僕の身体はますます冷えた。身体の外も中も《温かいもの》を求めていた。

だから僕は、「仕方ない。喫茶店で暖をとってから出直すか。」と思い始めていた矢先。

厨房の奥から店員さんが現れて…。

f:id:ICHIZO:20200127024944j:plain

「営業」に変わった!

これは、後でわかったことなのだけれど、この日は電車が遅れ、接客担当の店員さんが遅刻し、それで営業開始が遅くなってしまったようだ。

f:id:ICHIZO:20200127025414j:plain

店頭には、早朝メニューも掲示され、とにもかくにもほっとした。

f:id:ICHIZO:20200125163644j:plain

ということで、僕はこの写真を撮ったあと、喜び勇んで入店した。

f:id:ICHIZO:20200125163650j:plain

 僕は一番乗りだったため、当然、まだ先客はいなかった。 

f:id:ICHIZO:20200127034000j:plain

店内の壁には、魅惑的な料理名が並んでいたけれど、早朝は、限定メニューとなっているため、これらは対象外。

f:id:ICHIZO:20200125163653j:plain

その代わり、早朝限定のお得なセットも用意されている。

この中で僕が惹かれたのは、なんと言っても「スープ」の文字。僕は、とにかく身体が冷え切っていたので、スープで身体を温めたかった。

しかも、雲呑入りとなれば、申し分ない。雲呑は、餃子の親戚と言える食べ物だからだ。

セットメニューは「焼き餅+海苔雲呑スープ」だったが、僕は、あえて単品で注文。

少々割高になってしまう*1が、僕は、お腹に余力を残しておきたかったのだ。

開店直後だからか、注文後しばらく時間がかかったけれど、待つこと15分程度で…。 

f:id:ICHIZO:20200125163722j:plain

海苔雲呑スープがやってきた!

その名の通り、実にたっぷりと海苔が入っている。

冷えきった身体に、スープの優しさが染み渡る。海苔と葱の味わいが絶妙で、僕は大いに癒やされた。

f:id:ICHIZO:20200125163724j:plain

雲呑も、小ぶりながら沢山入っていて、食べ応えがある。雲呑の具はそれほどなかったが、皮の存在感は抜群。ぷりぷりで、最高に美味しかった。

雲呑は、皮を味わう料理だとも言えるので、大いに満足だ。

僕は、すっかり身体が温まり、お腹の調子も整ってきたため、もちろん追加で注文した。

いや。むしろ、このあとが本番なのだけれどw

(以下、続く。) 

*1:焼き餅150円+海苔雲呑スープ400円で、550円になるため、セットだと50円お得。


マラソン・ジョギングランキングへ