餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

水餃子じゃない「水餃」を堪能した、ホーチミンの夕べ

スポンサーリンク

「水餃」という文字を見て、あなたはいったいどんな食べ物を思い浮かべるだろうか。

 我ながら、愚問だ。

「餃」という漢字は、その一文字で《ぎょうざ》をイメージさせるぐらい、餃子度数(?)が高い文字。

だから、「水餃」と言えば、イコール、水餃子に決まっている。

きっと、あなたはそう思う筈だ。もちろん僕もそう思う。

だから。

「水餃」看板の店が立ち並ぶ、こんな通りに来たら、「水餃子の店」が並んでいるのだと思うだろう。

実際、ホーチミンのガイドブックなどで、この界隈は、《水餃子ストリート》と紹介されていることが多い。

しかし、正確に言うと、それは誤りなのだ。

僕は、事前に、このストリートの「水餃」は、水餃子に非ずという情報を得ていたけれど、やはり自分の目で、舌で確かめてみる必要があった。

それでなくては、餃子ランナーとしての名(どういう名だよw)がすたる。

とにかく、右も左も「水餃店」ばかりなので目移りしたが、僕は、その中でも一番有名で、どんな紹介記事にも書かれている、この店を選んだ。

f:id:ICHIZO:20190817162206j:plain

「195 天天水餃」だ。

この界隈にある店は、《水餃○○(番地名)》というシンプルな店名が多いのだけれど、この店は、《天天水餃》という、別の固有名も持っている。

老舗の風格と言ったところだろうか。

その店舗は、支店を含めて3店舗もあり、どれも、地元の人と思われる人たちで賑わっていた。

こういう店を選べば、まず間違いはない、筈。

ということで、入店。

f:id:ICHIZO:20190817164022j:plain

店内は、ベトナム語表記のみで、英語表記や写真メニューなどはない。

しかし、客の大半は同じものを注文していたし、僕も、その名前だけは記憶していたので、壁のメニューを指さして、 それを注文した。

その名は、SUI CAO MI(水餃麺)だ。

料理が出てくるまでの間、僕はしばし、店内やテーブル周りなどの情景を眺めて時間を潰していた。

f:id:ICHIZO:20190817164517j:plain

テーブル上には、さまざまなものが載っていたが、どれがどれやら、僕にはさっぱりわからなかった。

ただ、周りの人たちが、それらのいくつかを使って、何やら《タレ》的なものを作っていたので、見よう見まねで僕も作ってみた。

f:id:ICHIZO:20190817164716j:plain

こんな感じ。

周りの人の使い方を見ていると、これを麺の中に入れたりして《味変》を楽しむようだ。

この日、僕は結局これを使わないまま食べ終わってしまったので、味変の感想は書けないのだけれど(←おぃ!

待つこと20分ぐらいだろうか。

とにかく混んでいたせいか、予想外に時間がかかったけれど、しかし、ついに…。

f:id:ICHIZO:20190817165307j:plain

水餃麺がやってきた!

丼のサイズは、iPhone SEと同じぐらいなので、それほど大きなものではない。

緑の野菜が沢山載っていて、ビジュアル的には美しいが、肝心の《餃》が目立たない。

一瞬、ボリューム的にどうなんだろう…?と思ったのだけれど、それは大きな誤解だった。

麺の下には、食べ応えのある《餃》が、たっぷり5個も埋まっていたからだ。

f:id:ICHIZO:20190817170024j:plain

ただ、その《餃》は、やっぱり、どう見ても餃子ではなかった。

これを水餃子と呼ぶには、その皮が滑らかすぎる。

f:id:ICHIZO:20190817170313j:plain

水餃子であれば、皮がこんなにビラビラと伸びたりしない。

そう。日本的感覚で言えば、これはどう見ても、雲呑、と呼ぶべきもの。

だから、水餃麺ではなく雲呑麺と考えた方が、イメージがぴったりなのだ。

ただ、実際に食べてみると、いわゆる日本の雲呑とも、ちょっと違うような気もした。

f:id:ICHIZO:20190817170804j:plain

囓ってみると、ぷりっぷりの海老と、ぎっしりの肉。

日本の雲呑は、通常、具はそれほど多くないので、具の部分だけ見ると、「海老水餃子」的だとも言える。

まぁ、餃子も雲呑も、中国では元々同じ食べ物だったようなので、これを《水餃》と呼ぶのも、あながち、間違いではないのかもしれない。

僕は、十分に餃子的な満足感を得たし、あぁ、この街に、この店に来ることが出来て良かったなぁと思った。

f:id:ICHIZO:20190817171900j:plain

水餃子ならぬ水餃に、僕は大いに満足したが、麺やスープも実に美味しかった。

麺は縮れた細麺で、コシがあって食べ応えがあったし、たっぷりの野菜も最高。

これで50000ドン(約250円)なのだから、人気があるのも頷けた。

f:id:ICHIZO:20190817172149j:plain

店を出ると、外はすっかり暗くなっていたが、どの水餃店の灯りもまぶしく煌めいていた。

商売的には、むしろ、これからが本番というムードで、通りの賑わいも増すばかり。

折角ここまで遠征してきたのだから、僕は、できれば、もう1軒ぐらいハシゴをしたかった。

しかし、この日の深夜には帰国しなければならず、残念ながらタイムアウト。

皆の食べているものを眺めていたら、揚げ餃子(揚げ雲呑)的なものもあった。

もしもまた、ここを訪れることができたら、今度はそれを試してみたいと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ