餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

餃子専門店だけど、定食推しが凄い「全家福@上板橋」

スポンサーリンク

僕が、最初にその店を発見したのは、2年半前のことだった。

f:id:ICHIZO:20191109103524j:plain

光が丘公園で夜明けランをした帰り道、川越街道沿いで偶然見つけたのだ。

僕がその店を発見した時は、まだ早朝だったため、もちろん店は閉まっていた。

その後も、僕は何度か店の前を通ったものの、常に早朝。

ということで、いつまで経っても、僕は、店の中に入ることが叶わず、涙を呑んでいた。

しかし…発見から2年半経って、ようやく念願が叶った。

f:id:ICHIZO:20191109104536j:plain

やった!開いてる!

訪問したのは夜なのだから、開いているのは当たり前なのだけれど、でも、やっぱり僕は嬉しかった。

この店は、デカデカと《餃子専門店》を謳っているが、実は、それよりも大きな特色がある。

f:id:ICHIZO:20191109105107j:plain

定食推しが凄い、のだ。

このメニューだけを見ると、定価もそれほど安くないし、バラエティ的にも平凡。

いったいどこが凄いんだ?と思われるかもしれない。

しかし、その凄さは、入店してみるとわかる。

f:id:ICHIZO:20191109105259j:plain

セルフ形式ながら、なんと、ライス、スープに加えてサラダまで、終日食べ放題なのである。

f:id:ICHIZO:20191109105408j:plain

店内は、さまざまな客層で賑わっていたが、皆、注文しているのは定食ばかり。

そして、おかわりもしまくりだった。

f:id:ICHIZO:20191109105636j:plain

定食の唐揚げ。

僕は食べていないので、味については不明(おぃ!w)だが、ボリュームは十分。

ライス、スープ、サラダの食べ放題を加えて750円ならば、コストパフォーマンスは、かなりいいような気がする。

もちろん、餃子定食もある。そして実は、これが最もコスパが高い。

この店の看板メニューと言える、《餃子全品盛り合わせ》は、単品で注文すると950円。

f:id:ICHIZO:20191109111155j:plain

盛り合わせになっている餃子は、4種14個もあるので、ボリュームたっぷり。

しかも、4種をバラで注文するよりも100円以上お得になっている。これだけでも、コスパのいい料理なのだ。

しかし、それで驚くなかれ。このメニューの定食価格は…。

f:id:ICHIZO:20191109110957j:plain

980円!

なんと、単品メニューと30円しか変わらないのだ。

前述したように、定食は「ライス、スープ、サラダの食べ放題」がついているのに、単品メニュー価格プラス、たった30円という価格設定。

僕は一瞬目を疑ってしまった。定食推しにもほどがある。

餃子好きの人は、お腹を空かしてこの店を訪れれば、きっと幸せになれそうな気がする。

この日、僕はロングラン後に入店したので、もちろんお腹は空いていてた。

だから当然、このメニューを注文しようとも思ったのだけれど…。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギングランキングへ