餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

花見トレイルラン in 綱島

スポンサーリンク

寒い朝。

もう、4月も半ばになろうかというのに、この寒さはなんなんだ。

f:id:ICHIZO:20190410043724j:plain

おまけに、雨。

今日は終日降り続く予報で、おまけに、雪交じりになるのではないかという予報まで出ている。

なんて天気だ!

今年は、ゆったりのんびりと咲き続けてくれた桜も、いよいよ、今日で散ってしまうかもしれないなぁ…。

ということで、今年の桜を追憶できるように、先週末の花見ラン記録を書き残しておくことにしよう。

先週の土曜日。そう。絶好の好天に恵まれた日。

僕はラン仲間に誘われて、綱島まで出かけた。

この日、綱島で、トレイルランの企画があったからである。

これは、去年も実施されており、その際、僕は、「都会の綱島でトレイル?」と驚いた。しかし、あの辺りは結構山が多いようだ。

そして、それがとても面白そうだったので、次回は、是非行ってみたいと心に決めていたのだ。

ただ、僕はこれまで、トレイルレース未経験だったため、ちょっと不安もあった。

しかし、主催者の友人曰く「舗装路が多いし、本格的なトレイルではないので、全く問題ない」ということだったので、参加。

f:id:ICHIZO:20190410051425j:plain

スタート地点は、鶴見川の河川敷。

毎年出場している、横浜駅伝のコースにもなっているところだ。

まずは、その河川敷コースを走り…すぐにコースアウト。近くの公園へ入っていった。

f:id:ICHIZO:20190410052438j:plain

桜が美しく、のどかな情景。

f:id:ICHIZO:20190410052539j:plain

のんびりと花見を楽しんでいる家族連れが多かった。

f:id:ICHIZO:20190410052635j:plain

公園を出て、菊名神社でお参り。

ここから先は、待望の(?)トレイルコースに突入。

f:id:ICHIZO:20190410052858j:plain

それほど高さも距離もないのだけれど、でも、山道は山道。

f:id:ICHIZO:20190410052828j:plain

個人的には、階段が難関。

上りがきついのもさることながら、下りもスムーズに下りることができず、結構苦労した。

ラン仲間によると、トレイルランだと、この程度は序の口で、もっと急激な山道を、軽々上ったり下りたりするようだ。

いやはや、やっぱり僕には無理だなぁと思ったw

f:id:ICHIZO:20190410053247j:plain

山の中には、こんな癒やしスポットもあった。

f:id:ICHIZO:20190410053329j:plain

甲羅干しをしているカメたち。いやはや、気持ちよさそうだ。

f:id:ICHIZO:20190410053608j:plain

下山後に寄った「横溝屋敷」

入館無料で楽しむことができる、素晴らしい施設だ。

f:id:ICHIZO:20190410053740j:plain

園内の桜も素敵だった。

その後も、僕らは、小さな山を登ったり下りたりして、走り続けていく。

f:id:ICHIZO:20190410053923j:plain

杉山神社の境内を通って、また、山を登る。

f:id:ICHIZO:20190410054018j:plain

高台にある広場。ここでも、桜が美しく咲き誇っていた。

f:id:ICHIZO:20190410054148j:plain

熊野神社。

気がつけば、やたらと神社を回っていた。信心深くなりそうなコースだ。

f:id:ICHIZO:20190410054315j:plain

美しい桜を見ながら、境内の階段を上っていく。

「花見ラン」というより、もう殆ど「花見ウォーク」になっていたけれど。

f:id:ICHIZO:20190410054850j:plain

コース全景。

距離は10km程度なので、ロードを走ればあっという間だと思う。

しかし、結構アップダウンがあったし、所々で神社観光(?)をしながら走ったため、2時間以上かかっている。

f:id:ICHIZO:20190410055102j:plain

航空写真。

こうやってみると、結構、森林の中を走っていることがおわかりいただけると思う。

f:id:ICHIZO:20190410055148j:plain

高低図。細かいアップダウンを繰り返していた。

僕らは、一通り走り追えると…。

f:id:ICHIZO:20190410055256j:plain綱島温泉の銭湯へ。

「黒湯」に浸かって、実にゆったりのんびりできた。

ラン、温泉とくれば、その後はもちろん…。

f:id:ICHIZO:20190410055839j:plain

 ビールだ!

いやぁ、これが本当に美味しかった。

f:id:ICHIZO:20190410060039j:plain

お好み焼きも最高。

花見の季節にふさわしい、桜色の明太子お好み焼き、メチャメチャ美味しかったなぁ。

アフターまで含めて、実に充実した1日で、綱島まで遠征した甲斐があった。

来年の企画も、是非参加したい。 


マラソン・ジョギングランキングへ