餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「五十番」@立川で、ひたすら餃子を食べ続けた昼下がり

スポンサーリンク

「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ明けの昼下がり。

僕は、立川の「五十番」で、その余韻に酔いしれていた。

思えば、朝の峠走から、たいしたものを食べていなかったので、五臓六腑にビールが染み渡った。

僕は、普段、それほど大食ではないのだけれど、この日はかなりお腹が空いていたため、結構食べられそうな気がした。

まずは、ビールのアテに《うどサラダ》を注文。休んでいた胃を目覚めさせた後、真打ちの登場を待った。

もちろん、僕が注文していたのは、「アレ」。すなわち餃子だ。

f:id:ICHIZO:20190411050515j:plain

この店には、5種類の餃子がある。

僕は、ニラたっぷりの餃子が好きなので、まず、「ニラぎょうざ」を注文。

もうひとつは、ハネつき鉄板系のどちらかにしようと思い、最初は、アミかけで推奨されている「海鮮ぎょうざ」に惹かれた。

ただ、店員の人に聞くと「ニラぎょうざには肉が入っていない」と言うことだったので、「肉ぎょうざ」のほうを選択。

まずは…。

f:id:ICHIZO:20190411045407j:plain

ニラ餃子がやってきた!

が、一瞬僕は戸惑う。

なぜか、襞の部分が上になって出てきたからである。このビジュアルだけ見ると、なんだか蒸し餃子のようだ。

しかし、これはれっきとした焼餃子だった。

これとほぼ同じタイミングで…。

f:id:ICHIZO:20190411045844j:plain

ハネつき鉄板肉餃子も登場!

こちらは8個もあるので、いきなり凄いボリュームになった気がするけれど、実際は、それほどでもない。

f:id:ICHIZO:20190411050156j:plain

その大きさが結構違うのだ。

手前の焼餃子は3個だけだが、なかなかの大きさ。それに対して、鉄板肉餃子の方は、コンパクトなサイズになっている。

これなら、僕でも十分いけそうだ。

f:id:ICHIZO:20190411050348j:plain

折角だから(?)ビールやステッカーとも競演させてみたw

さぁ、いざ、実食!

まずは、ニラ餃子からいってみよう。襞を上にした表面からもニラの青さが浮き出ていて、期待が大いに高ぶっていたのだ。

囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20190411051524j:plain

ん?

僕は、笑い飯の西田ばりに、「思ってたんと違ーう」と言いそうになってしまった。

僕が思っていたのは、《ニラぎっしり》という野菜系餃子のイメージだったのだけれど、これは、どちらかというと、ニラというより、海老の味が強かったからだ。

海老はすり身になっているため、プリプリ感はまるでないが、でも、しっかり海老の味がする。

料理名が「海老ニラ餃子」だったら、何の違和感もなかったと思う。

ただ、ネーミングはどうあれ、僕は海老も大好きなので、満足だった。皮も、もちもちしていて美味しい。

続いて…。

f:id:ICHIZO:20190411052808j:plain

ハネつき鉄板肉餃子。

こちらは、ニラ餃子と全く違う。その名の通り、肉の風味がしっかり感じられる餃子だ。

皮は薄皮で、サクサクしていて美味しい。鉄板の一口系はこうでなくちゃ、と思わせる。

ニンニクは入っていない。

ほんのりとした下味がついているので、そのまま食べても美味しいが…。

f:id:ICHIZO:20190411053425j:plain

一緒についてきた「ポン酢だれ」をつけて食べると、一層その味が引き立った。

ということで、2種11個の餃子をひとりで完食。

お腹を空かせてきたこともあり、まだいけると思った。

ということで、 店の推奨メニューである「ハネつき鉄板海鮮焼餃子」を注文。

ビールも追加でもう1本頼み、僕はあらためて、ライブの余韻に酔いしれることにした。

f:id:ICHIZO:20190411053706j:plain

 THE GYOZA MUST GO ON!

クイーンの音楽が永遠に続くのと同様に、餃子も、食べ続けなければいけないのだ。

僕は、そんな気持ちになって、次の餃子ステージに進んだ。

そして…。

f:id:ICHIZO:20190411054548j:plain

ん?

と、思った。この日2回目の「ん?」だ。

鉄板上での外見的なビジュアルは、「ハネつき鉄板肉餃子」と同じだったのだけれど、囓った時のイメージはまるで違う。

これは海鮮餃子なので、違うのは当たり前だが、僕には、それと違った驚きがあった。

「これ、さっきのニラ餃子と同じ具じゃないか…?」ということだった。

歯応えが若干違うものの、海老のすり身とニラが中心で、その印象はかなり重なる。

ということで、店員に確認してみると、確かに、「ニラ餃子」とほぼ同じとのことだった。

ハネつき海鮮餃子には、それに加えてタケノコが入っていると言われたが、タケノコって、海鮮じゃないやん!

ただ、まぁ、そんなことは別にどうでもいい。美味しければ勝ちだ。

ここまでで、餃子3種19個。

ビールも飲んでいるので、結構お腹が膨れてきたが、僕は、もう1品注文することにした。

この日の僕は、なんたって、「THE GYOZA MUST GO ON!」気分だったからだ。

ということで、僕が注文したのは、オーソドックスな「焼きぎょうざ」だった。

f:id:ICHIZO:20190411060208j:plain

大きさ的には、最初に注文した「ニラ餃子」と同様で、同じ皮を使っているようだ。

ただ、こちらは普通に、表向きに出てきた。

f:id:ICHIZO:20190411060348j:plain

鉄板焼餃子と違って、ニンニクが入っている。

しかもガッツリ効いている。生姜も入っており、オーソドックスなスタミナ系餃子。

皮のカリカリ感ともちもち感のバランスも絶妙で、僕の一番好きなタイプの餃子だ。

あんまり下味はついていないので、オーソドックスに酢醤油が合う。

これで4種24個。流石にお腹いっぱいになってきた。

この店の餃子メニューは全部で5種。

コンプリートするためには、もうひとつ「鉄鍋水餃子」というものを食べなければいけない。

《THE GYOZA MUST GO ON!》の声が脳内でこだまする。

僕は、かなり迷ったが…結局、この日は断念することにした。

なぁに、また、きっと、立川に来る機会はある。

水餃子が逃げるわけじゃないので、その日のために、お楽しみはとっておこう。

#餃子部[雑誌] エイムック

#餃子部[雑誌] エイムック

 

マラソン・ジョギングランキングへ