餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

東京マラソン2020「プレミアムメンバーエントリー抽選結果メール」の確認が面倒になった件

スポンサーリンク

昨日は、東京マラソン2020エントリーの抽選が行われた。

f:id:ICHIZO:20190808043734j:plain

エントリースケジュール | 東京マラソン2020

ONE TOKYOプレミアムメンバーだけの、先行エントリーに伴う抽選だ。

「プレミアム」と言っても名ばかりで、年会費が4,000円超かかる*1割に、これと言った特典はなく、単に《東京マラソンの抽選回数が増える》というのが売り。

メンバー数がやたらと多いので、先行エントリーの倍率も10倍近くなり、結局当たらない。

だから、毎年脱退しようと思っているのだけれど、所定の手続きをしないと自動継続されてしまうため、ズボラな僕は、ズルズルと更新し続けてしまっている。

ということで、今年も期待など全くしないまま、抽選の日を迎えていた。

昨日の昼間は、仕事で忙殺されていたため、メールを確認する暇もなかったけれど、帰宅途中につらつらと眺めていたら、こんなサブジェクトのメールが届いていた。

東京マラソン2020 ONE TOKYOプレミアムメンバーエントリー当落確認のお知らせ

 ん?

僕は、ちょっと違和感を感じた。去年までは、こんなサブジェクトではなかった筈だったからだ。

ということで、昨年までの該当メールを検索してみると…。

 ONE TOKYOプレミアムメンバー先行エントリー抽選結果のご報告

確かに変わっていた。

ただ、これはまぁどうでもいい。単なるニュアンスの違い、と言えなくもないからだ。

問題だったのは、その本文。

昨日届いたメールを開いてみると…。

f:id:ICHIZO:20190808040227j:plain

いちいち、ONE TOKYOのWebサイトに行き、パスワードなどを入力しなければいけなくなっていた。

僕は、パスワードを失念していた(日常殆どアクセスしないため)から、実に面倒に感じた。

去年までは…。

f:id:ICHIZO:20190808040948j:plain

メールを開くと、すぐに当落(落選)が判明。

あっけないと言えばあっけないが、メール内に、僕の名前や受付番号なども表示されていたので、一応《プレミアムメンバー》感はあった。

しかし今年のメールは、僕の名前の表示などもなく、マイページに丸投げ。

これだと、全員に同じメールを送れば済むし、ONE TOKYOのアクセス数も稼げるわけだ。

ユーザーに面倒を強いて、サービスダウン。プレミアムの名が泣く。

それでもまぁ、結果良ければ、全て良しになるのだけれど、そんな都合のいいことはなく…。

f:id:ICHIZO:20190808041731j:plain

もちろん落選。

いちいち、面倒なマイページアクセスを行って、結局落選を確認するだけなので、悔しさ倍増だ。

都民エントリー(たった1,000人しか当選しないので、これもどうせ落選)抽選や、一般抽選、二次抽選発表のたびにアクセスが必要なのか、と思うとちょっとブルーになった。

まぁ、これは僕がそう感じるだけで、面倒だと思わない人が多いかもしれない。

「ドキドキ感を味わいたいから、メール本文には、当落を書かないで欲しい」という人もいるだろう。

だからこれは、あくまで、僕の個人的な感情に過ぎない。

ただ僕は、こういった面倒と失望を何度も味わいたくないので、来年こそは、プレミアムメンバーを脱退しようと思う。

*1:昨年までは4,320円。今年度からは4,400円。


マラソン・ジョギングランキングへ