餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

あぁ、MAXに濡れまくった靴、ゴアテックスに揺れまくった心

スポンサーリンク

この週末は、2日間とも雨の中を走った。

僕は、基本的に、外で走ると決めた日*1は、雨の日だろうがなんだろうが走る。

レースの日には雨でも走るのだから、そのための練習をしておく必要があると思うし、そもそも休む理由がない。

夏場なんて、蒸し暑いより、断然シャワーランの方が爽快だと思っているほどだ。

ただ…。

この2日間は、それを少しだけ後悔した。突然のトラップに嵌まってしまったからである。

どんなに雨が降っても、上半身は問題ない。僕にはゴミ袋という強い味方がついている。

見た目はちょっとアレだけれど、実用的には必要十分だ。

腰から下はそこそこ濡れるものの、嵐にでもならない限りは、たいした問題ではない。

問題なのは…靴だった。

この時期は、夜明けの時間が非常に遅い。加えて、雨が降っていると、尚更空は暗い。

ロードランの場合、街灯などが沢山あるから、前方の視界は十分。だから僕は、ヘッドライトなどはつけずに走っている。

しかし、そこに大きなトラップが待ち構えていた。

水たまりだ。

街灯は、正面を綺麗に照らしてくれるが、足下まではカバーしきれない。

僕は、靴が水たまりの中に入り込み、猛烈な不快感を感じて、ようやく自分の馬鹿さ加減に気がついた。

f:id:ICHIZO:20191124211127j:plain
こんな感じの大きな水たまりが多数。

この写真だけ見ると、避けて走ることもできそうなのだけれど、それは写真が補正してあるから。実際の視界は…。

f:id:ICHIZO:20191124211153j:plain

こんな感じ。

しかも僕は、音楽を聴きながら走っているので、前方はともかくとして、足下なんか注意深く確認していないのだ!(威張るなよw)

f:id:ICHIZO:20191124211352j:plain

また、道の全てが水たまりになっている場所もあった。

こんなルートを選んでしまったら、たとえどんなに視界が良くてもNGだ。

僕は、この2日間で2足の靴を水浸しにしてしまった。

雨の日は、普段使わない靴を履くようにはしているが、それでもかなりのダメージ。

この時期の夜明けランは、水たまり対策を考えなくちゃなぁ…。

と、SNSで嘆いていたら、ラン仲間の友人から、「冬場のシャワーランをすると、トレラン用のゴアテックスが欲しくなります。」というコメントをいただいた。

僕は、実に恥ずかしいことに、ゴアテックスというものをよく知らなかったのだけれど、調べてみて、「なるほど!」と思った。

ゴアテックスとは、防水透湿性素材の商標。鉄壁防水素材の代名詞。

それを搭載したトレラン用のシューズであれば、水たまりなんて怖くない!のだ。

もちろん、スピードは望めなくなるけれど、雨の日にわざわざスピード練習なんてしない。

僕は、いつかトレランデビューをしたいとも思っているので、その時にも使える。

ということで、僕の心は大いに揺れた。

もうすぐ、amazonのブラックフライデーが終わってしまうのだけれど、その前に買おうかどうか、未だに心が揺れている。

*1:平日の雨の日は、ジムで走る場合もある。しかし、トレッドミルは飽きるので、週末のロングランでは滅多に使わない。


マラソン・ジョギングランキングへ