餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

十条「王華」で、昼から餃ビー!の幸せ #ガンダムスタンプラリー

スポンサーリンク

先週末の話。

僕は、JR東日本のガンダムスタンプラリーに、「走って」参加した。

お昼頃の時刻は十条にいて、スタンプを押したあと、十条銀座散策を楽しんだ。

十条銀座は、都内でも屈指の商店街で、特に惣菜系の充実っぷりが半端じゃない。

だから、あちこちの店で、さまざまなものを食べたくなった。

僕はまず、「あい菜家」のれんこんハンバーグを食べた。その他にも、いろいろと食べたいものはあったのだけれど、グッと我慢。

商店街で惣菜を食べまくってしまうと、ランチができなくなってしまうからである。

ということで、僕らは十条駅まで戻った。 

f:id:ICHIZO:20200207211945j:plain

ハマーン・カーンに挨拶をしてから、線路沿いに少しだけ歩いて、目的地に到達した。 

f:id:ICHIZO:20200202120456j:plain

 店の名は、「王華」。

f:id:ICHIZO:20200207212135j:plain

 「皮も具も手造りの餃子」が自慢の店だ。

餃子は、塩&黒コショーで食べるというのが独特で、それがまた、最高に旨い。

僕は、久しぶりにその餃子が食べられるとなって、とても嬉しかった。 

f:id:ICHIZO:20200207212046j:plain

店内のテレビでは、別大マラソンが中継されていた。

このレースは、僕も以前何度か出たことがあるが、なにしろ、「超ガチ」なレースなので、エイドでの給食提供もない。

今年は、僕らのラン仲間も多数出走。

皆、給食も食べずに頑張って走っているのだろうなぁと思いつつ、僕らは…。

f:id:ICHIZO:20200202121232j:plain

ビールで乾杯w

僕らも一応ランニングの途中ではあったけれど、これから美味しい餃子を食べるというのに、ビールなしでいられるものか。

僕らは、ラン仲間に申し訳ないと(一瞬だけ)思い、そして、ビールを堪能した。

f:id:ICHIZO:20200202121352j:plain

ビールと一緒についてきたお新香。小品ながら美味しかった。

そして、僕らのテーブルに運ばれてきたのは…。

f:id:ICHIZO:20200207212321j:plain

 ほうれん草のおひたし。

f:id:ICHIZO:20200207212348j:plain

 冷やしトマト。 

f:id:ICHIZO:20200207212417j:plain

豆腐サラダ。

ヘルシー系ではあるものの、完全に「おつまみ」で、《ランチ》というより、《昼飲み》状態だった。

そして、いよいよ主役が登場する。 

f:id:ICHIZO:20200207212447j:plain

 餃子来たー!

f:id:ICHIZO:20200207212509j:plain

もちろん、ビールも追加注文。昼から、至福の餃ビータイム到来だ。

さぁ、これを《塩&コショー》で食べよう!と思いつつ、テーブルを眺めて、僕は「あれっ?」と思った。
f:id:ICHIZO:20200207211756j:plain

テーブルの上に、見慣れないものがあったからである。

少なくとも、僕がこれまでこの店に来た時はなかったものだ。

それは…。

f:id:ICHIZO:20200202120722j:plain

カークランドの地中海シーソルトだった。

グラインダーつきのフランス海塩で、がりがりと挽いて使う、高級塩だ。

この店の餃子は、塩で食べることを売りにしているだけに、その塩にもこだわりをもつことにしたのだろう。素晴らしい。

ということで、塩を挽き、黒胡椒と混ぜて、実食。 

f:id:ICHIZO:20200207212833j:plain

旨いっ!

この店の餃子は、ジューシーで甘みのある具が特徴なのだけれど、その具の美味しさが、塩でさらに際立つ。

しかも、こだわりの塩であるならば尚更。

こんな美味しい餃子を食べて、ビールを飲んだら、その後、走る気になんてなれなくなりそうだった。

もちろん実際は走ったのだけれど、それは、《打ち上げの餃ビー》を堪能するためだったことは言うまでもない。


マラソン・ジョギングランキングへ