餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「世界オンラインマラソン」を味わい尽くす!内田桂子さんの凄さに感服。

スポンサーリンク

マラソン大会の実施が困難になって、はや、1年が経つ。

昨日は、びわ湖毎日マラソンで、鈴木健吾選手が2時間4分台の日本新記録で快走しているが、この大会に出場できたのは、フルマラソンで2時間半を切るような《超エリート選手》だけ。

一般の市民ランナーにとっては、レースに出場できない日々が続いている。

日本国内でさえそうなのだから、まして海外レースにおいておや。

僕は、WMM(ワールドマラソンメジャーズ)の6大会を完走するのが夢なのだけれど、4大会を制覇した時点で、足踏みが続いている。

残りの2つ。ロンドンとボストンが、僕にとっての大きな壁だ。

本当ならば、僕は、昨年の4月、ロンドンマラソン2020に出走する筈だった。

しかしそれは、コロナ禍に伴って9月に延期、しかも、エリート選手のみで実施される大会になってしまった。

今年のロンドンマラソンは、10月3日に開催予定となっているものの、実施できるかどうかは不透明。

そもそも、《日本から海外に行く》こと自体が困難になっているので、海外マラソンどころじゃないというのが、現状。

だから、必然的に、僕のランニングモチベーションも下がっていた。

しかし、先日発売された「ランナーズ」の4月号を読んで、僕は、そんな自分が甘すぎたことに気がついた。

f:id:ICHIZO:20210301013537j:plain
【世界オンラインマラソン巡り!】という特集が組まれていたからだ。

そこには、僕のラン仲間である内田桂子さんが寄稿されており、【ニッポンで走る】世界オンラインマラソンの楽しさを、存分に伝えてくれていた。

僕は、その記事に感動し、内田さんに「僕のブログでも紹介させてもらって良いですか?」と伺ったところ、快諾をいただいたので、今回、このエントリーを書いている。

内田さんは、数年前に、旦那さんともども、WMMの6大会を制覇済み。

海外マラソンにも頻繁に出かけており、僕にとっては憧れの存在だ。

コロナ禍以降、海外に行くことが困難な状況となったが、それでモチベーションが下がってしまった僕とはうらはらに、内田さんは、気分を見事に切り替えた。

昨年8月から、《5ヶ月間で1,569kmを走る》という、仮想ラオス縦断のオンラインマラソン(バーチャルラオス・チャレンジ)に参加。

なんと、3ヶ月半でこれを制覇してしまったのだ。

まだ暑い盛りの8月から、月間400kmを継続しての達成。凄すぎる。

内田さんが凄いのは、それだけじゃない。

WMMのオンライン版や、ストックホルムマラソン、ベルリンマラソン、ウラジオストク国際マラソンの代替オンラインレースにも次々エントリー。

その楽しみ方も、実に素晴らしい。

ストックホルムマラソンのオンライン版では、「イケア」や「ボルボ」などスウェーデン関係の施設を回り…。

ベルリンマラソンのチャレンジ企画では、ドイツ料理とビールが楽しめる店をゴールに。

仮想ウラジオストク国際マラソンでは、ハーフの途中でピロシキを食べ、夜はボルシチを作る。

…などなど。

いやぁ、実に楽しそうではないか。

そう言えば、僕も去年、似たようなことを1回だけ実施している。

バーチャルニューヨークシティマラソンを走った後、「餃子のニューヨーク」で、打ち上げ餃ビーを実施したのだ。

それは本当に素晴らしかったのだけれど、僕のチャレンジは、この1回だけで終わってしまった。

しかし内田桂子さんは、その楽しさを極めまくっている。そこが、ズボラな僕との大きな違いだ。

「ランナーズ」誌には、旦那さんとともに、オンラインレースを楽しむ内田さんのイラストが満載。

コロナ禍の時代においても、「マラソンって、楽しい!」と思わせてくれる、素晴らしい記事だと思う。

そんな内田桂子さんの凄さは、大手マスコミにも伝わって…。

なんと、昨日の読売新聞スポーツ面にも堂々登場。

f:id:ICHIZO:20210301013320j:plain

いやはや、素晴らしい限りだ。

僕は、この記事を読みながら、やっぱりマラソンは素晴らしいと思った。

最近の僕は、確たる目標レースもなく、ひとりでダラダラと走っているばかりだった。

しかしやっぱり、何か目標をもって、テーマを持って走るというのは、やっぱり面白い、凄いのだなぁと実感。

内田桂子さんを見習って、今年は僕もチャレンジをしていきたい。

世界のマラソンベスト50

世界のマラソンベスト50

 

マラソン・ジョギングランキングへ