餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「僕のiPhone落下ヒストリー」を踏まえて…《iFace Reflection for iPhone SE》ケースをゲット!

スポンサーリンク

僕は、iPhone 5S以来ずっと、レイ・アウト社のハードケースを装着、愛用してきている。

だから、今回の第2世代SEでも、当然それをゲットした。

とにかく薄くて軽くて、しかも透明。まるで、何もつけていないかのようにiPhoneを使うことができる。

しかも、ストラップホールまでついているから、取り回しが非常に楽。

僕は、とにかくこれを気に入っているので、今回も、予備にもうひとつ購入したほど。

ただ…。

このケースにも弱点がある。「落下の衝撃に弱い」ことだ。

ケースの強度は3Hコート*1にとどまっており、保護という点では不安が残る。

僕は、ストラップをつけて運用しているので、通常は問題ないのだけれど、なぜか、ランニング時の使用に限って、落下させてしまう傾向があった。

それも大抵、走り終わって、iPhoneをポケットから取り出す瞬間だ。

その失態は、iPhone5Sや初代SE用のケースを使っていた時から生じており、液晶を壊してしまったこともある。

その後、液晶については、強化ガラスを装着するようになったので、再度液晶面から落ちた時は、ガラスが守ってくれた。

しかし、それでも問題は生じた。

カドから落下させてしまった場合だ。

このケースは、ボタン部分がむき出しになっているため、カドから落下させてしまうと…。

こんな感じで、本体のカドも損傷させてしまうのだ。

この時は、大いに落ち込んだことを思い出す。

「いったい何回落下させたら気が済むんだよ!」と、自分でも思うのだけれど、悲しいかな、僕はそれを繰り返していた。

だから、今回の第2世代SEでは十分に気をつけていこう…と決意したが、それも束の間の夢だった。

購入からわずか半月しか経っていない、今月上旬。

またまたランニングを終えた直後。

僕はiPhoneを落下させてしまったのである。

今回もカドから落ちてしまったが、幸運にも、その角度がよくて(?)、本体は無傷だった。

僕は大いに胸をなで下ろし、予備のケースに付け替えようかと思った。

が…ちょっと考え直した。

前述の通り、僕がiPhoneを落下させてしまうのは、ランニングの時ばかりなので、ランニング時に限っては、もっと保護力の高いケースに付け替えるのもありではないか?と思ったのだ。

 …と言うことで、非常に前置きが長くなったけれど、今回僕が購入したケースは、これだった。

f:id:ICHIZO:20200528041330j:plain

iFace Reflection iPhone SE 2020 第2世代/8/7 ケース

iFace Reflectionだ。

商品外箱には、for iPhone 8/7と書かれているが、amazonの販売ページでは、「iPhone SE対応」がメインで表現されていた。

f:id:ICHIZO:20200528042157j:plain

今日(5/28)現在、携帯電話用ケースのランキングで1位。

僕は知らなかったのだけれど、このifaceというブランドは、iPhoneケースとして絶大な人気があり、特に若い世代が使っているようだ。

僕が購入したReflectionシリーズは、米軍用規格に準拠(MIL-STD-810・ミルスペック)しており、耐衝撃性は文句なし。

ケースの背面は、9Hコートの強化ガラスになっているので、iPhone本体のappleロゴも、色もくっきり見える。

強さと美しさを備えたケースなのである。

このケースを使えば、ランニング時、万が一落下させたとしても安心できる…気がした。

f:id:ICHIZO:20200528042759j:plain

外箱背面の注意書きも、「正確な日本語」で丁寧に書かれている。

廉価なケースによくある、「なんちゃって日本語」商品とは、訳が違う貫禄を感じた。

外箱には、カスタマーサポート電話番号も記載されているし、30日間保証もある。

素晴らしい。

f:id:ICHIZO:20200528043113j:plain

ケース本体と装着方法の説明書。

amazonのレビューには、「装着時に背面ガラスが割れやすい」というものが結構上がっていたので、少し不安になったが、それは杞憂だった。

少なくとも僕は、もう10回以上脱着しているが、この方法を守って装着すれば、実にスムーズで、何の問題もない。

f:id:ICHIZO:20200528043606j:plain

なんと、正規品認証フォームまでついていた。

付属のQRコードでアクセスしたページに、シリアルナンバーを入力してみると…。 

f:id:ICHIZO:20200528043713j:plain

しっかり正規品と認証された。

ということで、僕は早速これを、iPhone SEに装着してみて、色々感じるところがあった。

僕が常用しているレイ・アウト社のケースとは、根本的に異なる点が多く、少々戸惑いも感じている。

それを詳しく紹介させていただこうと思ったのだけれど、今日はちょっと時間切れになってしまった。

稿をあらためよう。

*1:鉛筆硬度で3Hの意味。表面のキズはつきにくいレベル。


マラソン・ジョギングランキングへ