餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

極薄で超軽!しかも強靱!「Deff Ultra Slim & Light Case DURO」 for iPhone SEに感動したーっ!!

スポンサーリンク

これぞ、まさに究極のiPhone SEケースなのではないか。

僕は、そんな思いを抱かずにいられなかった。

商品が届くまで、僕の期待値はかなり高かったのだけれど、いざそれを使い初めてみると、そのハードルを軽く越えるぐらい、感動してしまった。

f:id:ICHIZO:20200609032019j:plain

Deff(ディーフ) Ultra Slim & Light Case DURO(デューロ) for iPhone SE(第2世代)

Deff Ultra Slim & Light Case DURO。

iPhone用のケースとして定評あるシリーズで、iPhone SEをメインとして設計*1された新商品だ。

5,000円近くする商品なので、ケースとしてはかなり高額になるが、僕は、その価値が十分にあるものだと実感している。

いったい、このケースの、何がそんなに素晴らしいと思うのか。以下にご紹介させていただこう。

超強度、超耐性のスーパー繊維使用!

f:id:ICHIZO:20200609033029j:plain

このケースの最大の特徴は、外箱の裏に書かれている。

「DURO(デューロ)」は、主材料に超強度、超耐性を誇るアラミド繊維(デュポン社のケブラー)を使用した特別なケースです。

アラミド繊維は別名スーパー繊維と呼ばれており、宇宙船、飛行機、船、自動車、防弾チョッキなどに採用されています。

Webサイトでの説明によれば、同じ重さの鋼鉄と比較して約5倍の強度をもっているようだ。いやはや、凄まじい強度ではないか。

そんな強い素材で作られたケースだというのに…。

とんでもなく軽い!

予め素材の凄さを聞いていなければ、「大丈夫なのか?」と思えるぐらい、このケースは、薄くて軽い。

まるで、紙でできているんじゃないかと思うほど。

試しに、デジタルポケットスケールで計量してみると…。

f:id:ICHIZO:20200609041550j:plain

9.14g!

なんと、10gを切っている。いやはや道理で軽いわけだ。

ちなみに、僕が先日まで使っていたiFace Reflectionケースの重量は…。

f:id:ICHIZO:20200609033153j:plain

33.47g。

背面がガラスになっていることを考えると、仕方がないのだけれど、この差は非常に大きい。大きすぎる。

僕は、iFace Reflectionを気に入って使っていたが、iPhone SEが重たく、ごつくなるのが悩みの種だった。

その悩みを、Deff Ultra Slim & Light Case DUROは解決してくれる。

いざ、装着!

f:id:ICHIZO:20200609042155j:plain

外箱の中に入っていたのは、ケース本体と、取り付け方法の説明のみ。シンプルだ。

何回か脱着を繰り返して思ったことは、取り付けるのは非常に簡単だが、取り外しには、注意が必要ということ。

「取り付けは横から、取り外しは下から」というのがポイント。

僕は忘れっぽいたちなので、ここに書き残しておくことにしたw

f:id:ICHIZO:20200609033116j:plain

ケース背面には、商品ロゴが記載。iPhoneに装着すると見えなくなってしまう。その奥ゆかしさが素敵だ。

上部には、紙のようなものが貼られている。この秘密(?)は、ケースを装着してみると判明する。

絶妙の切り抜き加工!

いざiPhone SEに装着してみると、その切り抜きの素晴らしさに唸る。

なんと言っても素晴らしいのはここ。

カメラ回り

f:id:ICHIZO:20200609033215j:plain

「カメラ」「背面側マイク」「True Tone フラッシュ」の3カ所、それぞれにくりぬきがなされている。

僕は、その丁寧な造りに感服した。

一般的なケースでは、3カ所含めた一帯を、まとめてくりぬいているものが多いからだ。

また、iPhone本体において、カメラ回りの部分が少しだけ飛び出た形になっているが、その対策も万全。

このケースは極薄なため、カメラ部分が突出してしまわないよう、裏面に貼ってある「紙」で高さを調整しているのだ。

素晴らしい。

電源ボタン部

f:id:ICHIZO:20200609033237j:plain

しっかりと露出している。使いやすい。

音量ボタン/サイレントスイッチ部

f:id:ICHIZO:20200609033839j:plain

こちらもしっかりとくりぬかれている。実用性は申し分ない。 

電源スイッチ部やこの部分のくりぬきは、落下時の不安が残るけれど、これらの場所が、直接地面にぶつかる角度で落下する可能性は低いと思う。(…ので、気にしないことにした。)

底部

f:id:ICHIZO:20200609033328j:plain

ライトニングコネクタとスピーカー部分を分けて、しっかりくりぬかれている。

安手のケースだと、この部分もまとめてくりぬかれているので、その点においても丁寧な造りだ。

iPhoneカラーの「チラ見せ」デザインが素敵

このケースを装着すると、iPhone背面のカラーを覆ってしまう形になる。

僕はこれまで、そのカラーにこだわり、背面をクリアに見せるケースばかり使ってきたので、その点は少し残念だった。

…が、いざ装着してみると、少し考えが変わってきた。

f:id:ICHIZO:20200609045743j:plain

背面全体のカラーは見えなくなってしまうが、カメラ部分やサイドなどの切り込み部分から、その色が「チラ見せ」状態で露出している。

iPhone SEの、(PRODUCT)REDカラーは、もともと、「赤と黒」の組み合わせが絶妙なモデルだから、全く違和感を感じず、むしろ、実にマッチしている。

Appleロゴが見えなくなってしまうのは寂しいけれど、それさえ割り切れるならば、文句ない。

ストラップをつけられる!

このケースには、専用のストラップホールは用意されていない。

が、発売元であるディーフ社からは、このような形でストラップがつけられると案内されている。

f:id:ICHIZO:20200609033423j:plain

底部。ライトニングコネクタ部分の穴と、スピーカー部分の穴を使って通す方法だ。

そんな通し方をして大丈夫なのか?と思うけれど、実際は、全く問題ない。

鋼鉄と比較して約5倍の強度を持つ、スーパー繊維素材のケースだからこそ、できる芸当だ。

どんなストラップでも問題はなさそうだけれど、折角装着するなら…

f:id:ICHIZO:20200609033402j:plain

Deff ディーフ Finger Ring Strap Aluminum Combination/カーボンタイプ (カーボン/レッド)

これがオススメ。

ケースと同じく、ディーフ社の製品だけに、その相性は抜群だ。

f:id:ICHIZO:20200609033447j:plain

色合いも、そして、強さも申し分ない。

まとめ

極薄で超軽。まるでケースを装着していないかのような感覚。いやぁ、素晴らしい。

僕は、しばらくiFace Reflectionケースを使っていたため、その間は、iPhone SEが、「重たくてごつい」別物になってしまった感覚を味わっていた。

しかし、このケースにしたことで、「僕のSEが戻って来た!」という感覚だ。

そんな極薄超軽ケースでありながら、強靱だということも大きなポイント。

「チラ見せ」デザインも素敵で、ストラップもつけられる。

いやはや、文句ない。

本当に、このケースを購入して良かった。超オススメ。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

iPhone SE(第2世代)8 / 7 アラミド繊維素材ケース DURO(デューロ) Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone SE(第2世代) ワイヤレス充電対応
価格:4928円(税込、送料無料) (2020/6/9時点)

楽天で購入

*1:iPhone 8版の流用ではないということが、大きなポイント。iPhone 8や7にも対応するが、あくまでメインは、iPhone SE。


マラソン・ジョギングランキングへ